<   2004年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

「YKK」   


最近スポーツコラムのようになっていたので,ちょっと目先を
変えて...

YKK組み替え? 加藤、山崎氏が亀井氏と会食
(毎日新聞)
なのだそうだ.

もちろん元のYKKのもう一つのKは小泉首相で,亀井氏は仇敵
だったはず.しかし次世代からの突き上げも表面化し,自分たち
の影響力低下に危機感を抱いた3人が連携の構え,という話.

もともと自民党は清濁併せ呑むことによって政権を長く保持してき
た,権力を目的とする政党内政党の集まりだと思っているので,
不思議ではない.

亀井氏のように獅子身中の虫であっても,選挙で「自民党」の数を
保つためにはなくてはならないというのが執行部の事情.逆に少数
派にとっては,たとえ冷遇されても自民党に残ってさえいれば,
いつか追い風が吹くかもしれない.(小泉首相が良い例)
立場はその時によって変わっても,党員の利害は常に一致している.
小泉首相がかつてよく使った「自民党はおおらかな党」という表現
の実態はこういうことだ.

それよりも情けないのは,山崎氏にあの「変態事件」で引導を渡す
こともできず,未だにこうして政治の表舞台に登場させていること.
自民党はまったく「ぶっこわれて」はいない.

by t-globe | 2004-08-30 23:45 | その他

想像を絶する記録   

シアトルマリナーズのイチローが,8月も月間50安打を達成.
5月と7月はその月の最終戦に到達したらしいが,今月はまだ
試合を残しての記録.

通算4度目はピート・ローズに並ぶ記録というが,1シーズン3度
は史上初...と思っていたら意外とマスコミの見出しにならない.

実は,過去の記録が確認されていないためだ.マリナーズの広報
は初めての記録と言っているが,それを記録専門の会社が確認
している最中とのこと.シアトル・タイムズなど米国の新聞サイト
も「恐らく史上初めて」という表現にとどめている.

2度あることは3度というが,7月にシーズン2度目を記録した時,
記録に関わる会社がなぜ調べなかったのか.怠慢と言えばそう
かもしれないが,この記録ばかりはそう簡単に出ないと思って
いたのかもしれない.(しかしオールスター明けから5割近い
打率で打ち始めたら,やっぱり普通調べるな....)

まあ,イチロー自身も「僕自身がおかしい」とインタビューで答えて
いるほどの記録なので,実際とてつもないものなのだろう.

彼は完全に大リーグ球史に名を刻んだ.すばらしいことだ.

by t-globe | 2004-08-29 22:10 | Sports

スポーツにおける「採点」の功罪   


ペア,団体ともロシアに敗れ銀メダルとなった日本シンクロの
演技について,「日本」をアピールする戦術が理解されにくか
ったのではという声もある.実際,「阿波踊り」と聞いた時に
はかなりリスクが大きいのではないかと思った.

力,技,スピード...こういったスポーツ本来の要素に加え,
「印象点」(芸術点・芸術的価値)が入ってくる種目が,新体操
とシンクロ,そして冬のフィギュア・スケート.

シンクロでは総合点に占める比重は技術点6に対し印象点は4.
新体操の芸術的価値は全体の3分の1とのこと.いずれにせよ,
この部分には主観の入る余地が大きい.

しかし,かつて世界選手権ソロで奥野史子選手が「夜叉」を演じ
た時,審判全員が芸術点で満点を与えた.必ずしも「日本的なも
の=不利」というわけではない.

「印象点」というシステム自体に問題はあるのだろうか.例えば,
前回の冬季オリンピックのフィギュア・スケートでの,カナダと
ロシアのペアに対する採点騒動はまだ記憶に新しい.ただこの時
問題になっていたのは,「印象点」の分野というより,技術的なミス
に関する評価,つまり技術点をつけるための「印象」でもあった.
制度としての「印象点」だけでは済まない部分もあるのが事実だ.

そう言う意味では,レスリングや柔道でのポイント認定でも同じ
ことが起こり得る.ポイントかどうか微妙な時にビデオ判定するのが
レスリング.それでも疑問が残ることもあった.
「より強く」を競う種目でさえ,「採点」は印象点と同じ次元の要素
を持ち,運が悪いとそれが勝敗を左右することもある.

結局,有無を言わせず完璧な技術で勝つしかない,というと身も
ふたもないが,そういう結論に行き着いてしまいそうだ.しかし
それだからこそ,月面宙返りも4回転ジャンプも可能になったの
だと思う.

by t-globe | 2004-08-29 14:25 | Sports

シンクロ団体「銀」に納得   

a0031505_19541740.gif
残念ながらロシアの壁は破れなかったが,
日本のシンクロ団体演技は本当に見事だった.
前日に0.5ポイントの差がついていたため,逆転優勝は難しい
とは思っていたが,この日の演技だけならもしかしたら上回る
ことも可能かと期待した.しかしロシアはさらに素晴らしかった.
井村コーチが言っていたとおり,日本は全てを出し切り,ロシア
がそれ以上に強かった.

日本に対する採点で9.9が並んだ時,各審判がロシアのために
10点を残していると思った.もちろん演技に失敗すれば当然
その点は出ないのだが,演技前に序列を作ってしまうまでに
その強さを確立していたということだ.そして裏切らずにその
通りの演技で応えた彼らには脱帽した.

by t-globe | 2004-08-28 19:53 | Sports

醜態   

見ていて恥ずかしかった.
アニマル浜口の醜態.
支援コーチとしてアテネに派遣したレスリング協会も後悔した
だろう.

観客席に陣取った彼の振る舞いは,試合の後でマイク片手にがなり
立てる「ショー」としてのプロレスでの姿と変わらなかった.
オリンピックのレスリング会場では本当に場違いなものだ.
a0031505_0564165.gif

現地や海外のテレビ局は恐らく「浜口選手の父」と紹介し,その
ために浜口選手の精一杯のファイトが,視聴者の失笑で終わって
しまったとしら,彼女には本当に気の毒だ.

たしかに混乱を招いたのはポイントの間違いだったし,浜口選手は
よく戦った.しかし判定に不審を抱いた浜口選手が,コーチではなく
父親の方に訴えるような目を向けたのは残念だった
まだ弱いな,と初めて思ったシーンだった.
だから,彼女には次こそ頑張ってほしい.

by t-globe | 2004-08-25 00:58 | Sports

「申し訳ありません」と「イェーイ!」   

a0031505_11294473.gif

◎「申し訳ありません」
 100キロ級井上康生選手.
 敗者復活戦でも敗れた後,インタビューの第一声.

◎「イェーイ!勝ちました」
 柔道100キロ超級で優勝した鈴木桂治選手.
 日本で応援している皆さんに一言,と聞かれて.

日本選手の好成績の理由を,上の二人の言葉に見ることができる.
「申し訳ありません」を日本選手の口から聞くのは久しぶりだが,
昔はよく聞いた.
一方,感謝の気持ちを「やった!」と表現した鈴木選手の一言は,
自分が主役という気持ちがとても新鮮に感じた.過去何度も「こ
こ一番に弱い,力が出せない」と言われた日本選手の姿は今回あ
まり見られないが,こういう発言にその理由があるような気がする.

井上選手が敗れたのは,対戦相手が徹底的に彼を研究したことが
大きいと思う.これを乗り越えるために,井上選手にプラスアル
ファがあったら随分違っただろうと思う.シドニー大会の時には
それがあった.
シドニーで優勝した時,彼は表彰台でお母さんの遺影を掲げた.
プライベートな,自分のための勝利を求めたその姿は,恐らく今
回の井上選手が持つことのできなかったものだろう.

「誰が取れなくても彼だけは金メダル」と言われ,井上選手は日
本選手団の主将にも選ばれた.過去主将になった3人の柔道選手
は皆優勝している.
勝負の前,誰もがプレッシャーを負っている.勝てと言われたに
等しいプレッシャーは,あまりプラスにはならないことが多い.

反対に,自分が勝ちたい,負ければ悔しいというプレッシャーは
プラスの力を持つことができる.
今回の日本選手はそれを味方につけることができたから,練習で
蓄えてきた力を発揮できているのだろう.他人のために自分を追
いつめるのは,敵を一人ふやすに等しい.やはり敵は少ない方が
いいと思う.

by t-globe | 2004-08-22 11:31 | Sports

金メダルの仏教国的喜び方   


アテネオリンピック重量挙げで,タイのポルサク選手が同国女子選手と
してオリンピック史上初めての金メダルを獲得.

同選手の殊勲をたたえ,政府は2000万円近い報奨金を与えることを
決定.
彼女はお母さんのためにコンビニをプレゼントすると語り.親思いの敬虔
な仏教徒らしさを見せた.一方,彼女の父親は,娘に栄光を与えてくれた
のは仏様のおかげと,仏門に入ることを決意.
敬虔な仏教徒はやることが違う.

また,ポルサク選手は12日に誕生日を迎えた女王に金メダルを贈呈する
と語った.女王は72歳.タイでは12の倍数を尊ぶとのことで,敬虔な
仏教徒である国民は拍手を送っている.

こういう国では政治家も敬虔な仏教徒のはずだが,現地に行っていた同国
の副首相は,ポルサク選手の金メダルを持って早々と帰国し,閣僚に見せ
て回っているそうだ.本人は,「メダルのレプリカを作るために借りて帰
った」と話しているそうだが,少なくとも女王への贈呈とは関係のない軽
率な行動のようだ.

これには,選手の喜びを無視する慈悲のない行いと,国内の敬虔な仏教徒
から怒りの声が上がっているが,反省した副首相が仏門に入って修行する
との情報は今のところない.

by t-globe | 2004-08-18 23:00 | Sports

朝は体操,夜は柔道   

a0031505_185373.gif
アテネオリンピック,ソフトボールだけは少し気になるが,
ここまで前評判が正当に高かった種目はかなり好調.
(男子サッカーと女子バレーはマスコミ辞令が高すぎた.
たしかに力もあり頑張っているが,3連勝/3連敗どちらの
可能性もあるという位置で,今回は勝ちパターンに入れなか
ったということだと思う.)

今朝目を覚ました時,ちょうど最後の鉄棒だった.そこまで
の得点はまったく知らなかったが,終わった瞬間の選手の喜
びようで状況はすぐわかった.ポーランドの選手が鉄棒から
落下していたこともあとで知ったが,堂々たる優勝だと思う.
団体初日に見た日本選手には全くと言っていいほど危なげが
なかった.かつて日本が連覇していた当時とは技の難易度が
かけはなれているが,やはり一つ一つの技を正確にこなすの
が体操の原点だと思う.

夜は柔道の谷本選手.この人は初めて見たがとにかく勢いが
あって強かった.谷亮子選手の決勝での最後の技ありが,横
沢選手の土壇場の逆転一本や谷本選手の馬力につながってい
るような気がする.やはり今回の谷・野村のように,最初に
出た人が勝つというのは絶大な効果があるのだろう.

ところで体操競技を意味する gymtastics とはギリシア語で
nude activities のことだという.まさに古代オリンピック
を彷彿とさせる名前だが,女子競技は名前を変えてあげない
といけないのかもしれない.

by t-globe | 2004-08-18 01:10 | Sports

ハリー・ポッター 「アズカバンの囚人」   

公開からもうかなり日が経っているので,席を取るのは簡単だったが
それでも結構混んでいた.

原作を相当読み込んでいる娘に言わせると,かなりカットされていると
いうことだが,巻を重ねるごとに原作が長くなって行くので,これから先
はさらにその度合いが強くなるのは確実.
(途中で休憩を挟むような映画は今時作らないだろう.)
a0031505_13324075.gif

前作「秘密の部屋」に比べると,オオカミ人間のようなモンスターや動
物キャラの印象が強い一方で,ダンブルドアやマクゴナカルといった
人物の印象は薄く,登場人物が限られていたような感じだった.
スネイプの憎まれ役的イメージもあまり強くなく,前作のロックハート
のように,強烈に描かれたキャラクターが一人いればもっと面白かった
ように思う.

とは言え,2時間以上飽きずに見られるストーリーはやはり面白かった.
特撮も,「ロード・オブ・ザ・リング」のようにこれでもかという感じではな
く,ロンドンをバスが疾走するシーンのようにあくまでアクセントとして
使っている方が,この映画には似合っている.次作以降でもあまりそちら
に力を注ぎすぎないければいいのだが.
(なお,画像は映画と何の関係もありません.)

by t-globe | 2004-08-15 13:36 | Entertainment

日本vsパラグアイ   



悪い試合ではなかったと思う.
たしかに4点は取られすぎだし,そのうち2点は明らかにミスによる
やらずもがなの失点.
しかし後半に小野をボランチに回した攻撃陣は前半とは違って機能して
いた.次の対イタリア戦は,最初からこちらのフォーメーションで行く
のだろうか.

さすがにブラジルに勝って出てきたパラグアイは強かった.
日本がチームとして劣るとは言えないが,ボールを持った時の個々の
選手の迫力は,どう見ても相手が上だった.
最も違うと思ったのは,パラグアイの選手はゴール前に来ると誰もが
プラスアルファを出すように見えるところ.日本の選手にはこれがな
く,自分の力を超えてゴールにボールをねじ込むプレーが出なかった.
闘利王の山なりのヘディングも,平山のゴールキーバー正面のヘディ
ングも,申し訳ない言い方だが,Attempt に過ぎなかった.

ただ,負けはしたが4対3というスコアはいいのではないかと思う.
今大会の一次リーグがどういう決まりになっているか,現時点でまだ
確認ができていないが(知っている方は教えて下さい),勝ち点で並
んだ場合,おそらく次の優劣は得失点差だろう.1点差は,言うまで
もなく負けとしては最小で済んでいる.
そこでも並んだとすると,次は「直接対決の勝敗」または「得点数」
のどちらかだろう.得点数だとすると,4点は取られたが「3点取っ
た」ということが効いてくる.やはりあきらめない姿勢があそこまで
相手を追いつめ,次の試合に勝たなければならないにせよ,そのプレ
ッシャーを最小限に食い止めたと思う.(ただし,ここまでの話は
パラグアイと並んでしまった場合には何の意味もない)

とにかく次のイタリアに勝つことしかないが,パラグアイ戦の後半の
リズムを保てれば,チャンスは十分あると思う.

by t-globe | 2004-08-14 01:14 | Sports