きみのなまえ   


なまえなまえなまえ きみのきみのなまえ 
きいてみてびっくり ランラランララン
  (「きみのなまえ」 作詞 かしわ哲)

いきなり「おかあさんといっしょ」の歌が出てしまった.
大銀行はじめ会社の合併が珍しくないこのごろ.当然そのたびに,新しい
社名が発表される.
その中で,「何だこれ?」と思ったものを挙げると,

  海道銀行 + 陸銀行 = ほくほくフィナンシャルグループ
  商岩井 + ニチメン(綿實業) = 双
これらは見ての通り安易なネーミングという感じ.

次に,
  山之内製薬 + 藤沢薬品 = アステラス製薬 (!)
まさに,「何だこれ?」
星を表す stella が中心だが「明日照らす」の意味もある.(公表文書)

その前に驚いたのは
  大和銀行 + 埼玉銀行(その他にもあるが) = りそな銀行
正しい名前は 「RESONA」. 
ラテン語の「resona=共鳴する、響きわたる」から(これも公表文書)

りそな,ほくほくを見ると,銀行はいまだにひらがなにこだわっている.
  三井銀行 + 太陽神戸銀行 = さくら銀行
  協和銀行 + 埼玉銀行 = あさひ銀行
  富士銀行 + 第一勧業銀行 +日本興業銀行 = みずほ
さくらが口火を切り,あさひが続いた.しかしどちらも今はない.
この三つは,日本らしいイメージを重視したとのことだが,みずほは
果たして生き残れるだろうか.

これら全てに共通するのは,会社が何をしたいのかが伝わらないこと.
説明されてもピンとこないし,むしろとって付けたような印象.
「さくら」「あさひ」のように早々に消えてしまわないことを祈るばかり.
結局残るのは三菱,住友?
[PR]

by t-globe | 2004-07-24 02:00 | その他

<< 「ドルと巨人のアナロジー」 続・日本の辞書の値段 >>