たしかに外資系銀行ですが   

私が利用している新生銀行から先ほど届いたメールによれば,

「あなたの口座に第三者による不正なアクセスがあったため,
残念ながら Shinsei Bank Online Access を停止します.
あなたの個人情報を保護するため,一時的に口座は利用でき
なくなっています.再開するには...」
とあってその次に長いURL.

と来れば誰が見てもフィッシングメールですね.
さらに驚いたことに,このメールは全文英語だったのです!
爆笑.

確かに旧長銀国有化の後外資系ファンドが買い取って再生
した銀行ですが,英語のメールなんて一度だって来たことは
ありません.これに引っかかる人がいるのでしょうか.
(インターネットバンキングサービスの名前も,Shinsei Bank
Online Access ではありません)

フィッシングは徒労に終った,という感じですが,「徒労」は英語
で何と言うのかなと思って直接あてはめる単語を探すときっと
苦労します.
 The phishing attempt came to nothing.
くらいがいいのではないかと思いますが,どうでしょう?
[PR]

by t-globe | 2007-07-13 00:53 | ニュース

<< 憧れの人 (書き足しました)ブレアを称え... >>