残念! でもまた来年   

最近ちょっと英語以外の話題が続いていますが,東京体育館で高校バスケットの「JOMOウインターカップ2006」が開催されています.

うちの地元(歩いて1分)の県立金沢総合高校女子バスケット部は,体育館が工事中というハンディを乗り越えて9年連続16回目の出場を果たしました.この大会は一昨年優勝,今年もインターハイ3位です.

2回戦から順当に勝ち上がってベスト8に進出しましたが,昨日の試合で身長196センチというセネガルの留学生を擁する倉敷翠松高校に,第4クオーターで逆転負けしてしまいました.

ここで勝っていればベスト4で当たると思われた,国体・インターハイ2冠の桜花学園(愛知)が思いがけず負けてしまったので,ここを突破すれば優勝に大きく進んだところ.返す返すも残念!

県立ということもあり,選手は1人を除いて全員横浜市(あと1人も県内)からしか来ていませんし,最も大きな選手で175センチですが,2度の勝ちゲームのスコアを見ると,厳しいディフェンスが身上のようです.特に最初の試合(2回戦)などは第1・第2クオーターの失点がわずか4点ずつ.半分終って51−8という,相手には気の毒なような闘いでした.

準々決勝も3Qまではそのディフェンスでセネガルのバナ選手を何とか抑えていましたが,その間のファウルの累積で4Qはマークしていた選手を下げざるを得ず,そこから大量得点を許して逆転されてしまったようです.

明日の決勝は,倉敷に今日のゲーム残り2秒で逆転勝ち(その前は桜花に延長勝ち)した岐阜女子高校と,大会連覇を目指す中村学園女子高校(福岡)の対戦.

これが終るとようやく年が越せます.

【追記】
 決勝は中村学園女子が快勝.連覇を果たしました.
 それにしても,岐阜女子はノーシードで決勝進出.見事でした.

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-28 22:46 | Sports

<< Happy New Year 訂正(タケヤブヤケタ) >>