銀河鉄道は誰のもの?   

「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」

「銀河鉄道999」の作者である松本零士氏が,槙原敬之がCHEMISTRYに提供した新曲「約束の場所」のこの一節は「999」に登場する,次のフレーズの盗作だと言っています。

「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」

たしかに似ている(が完全に同じではない)その部分は,松本氏によれば
 1.主人公の重要なセリフ.
 2.作品のテーマであり,自らの講演でも繰り返し伝えたメッセージ.
 3.だから知らないはずがない.
というもの。

問題は、3のところです.これはちょっと「驕り」ではないでしょうか.
(私だって知りません。)
松本氏自身が使った「銀河鉄道」は,多くの人に宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を思い起こさせます.ただしこれはあまりに有名なので盗作にはなりません.

一方,「銀河鉄道999」の,タイトルならまだしも「セリフ」はその域に達していないでしょう.それを「知らないはずがない」とまで言うのは?
槙原さんの「読んだこともない.知らない」という言葉を信じるのが大人の対応だと思います.

人気ブログランキングに参加しました! ← ここをクリック
[PR]

by t-globe | 2006-10-19 11:58 | ニュース

<< 投票47回...でも勝負がつかず 安倍首相夫人とマドンナ >>