歴史に残る決定   

"This might go down as one of the top 10 poor judgments by public officials in Florida history"
 これは役人による10の誤った判断の1つとしてフロリダ史に残るかもしれない.

go down は(時間的に)遠ざかって行く→「後世に伝えられる,歴史に残る」という意味で,シンプルな表現ですね.

ところで「これ(This)」というのはフロリダ州のフォートマイヤーズビーチという観光地の公務員が解雇されたことですが,その理由は
 His wife is an adult film star.
というものだったことがわかり,全米のニュースでも取り上げられました.
冒頭の引用は「アメリカ自由人権協会」の幹部の発言です.

夫人は芸名でウェブサイトを公開しているので,わかる人には当然わかりますが,2人はふだんの生活では明らかにはしていなかったそうです.

ところで今回の事件のきっかけは,ある記者が町長に「ご存知ですか?」と電話したことでした.町長はすぐに本人に確認し,町議会が全会一致で解雇を決定しましたが,注目は

The Town Council voted unanimously to fire Janke without cause, meaning he will receive six months — or about $50,000 — worth of severance pay and benefits.

without cause は「理由なく」です.今回のことは違法でも本人の過失でもないので,彼は退職金ももらえるという決定ですが,そうなるとなおさらこの決定は本当に正しいのか?という議論が起こるのも無理ありません.

気になるのは町長に電話したという記者の行動です.こういう展開を予想していたのか,それとも軽い気持ちで電話したのか,聞いてみたいところです.

というより,こうして家族が職を失う事態になった以上,通報の意図を明らかにする責任があるのではないかと思います.
 
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2009-07-26 10:41 | メールマガジン&英語

カム・アゲイン   

タイトルを英語で書くと変なトラックバックやコメントが殺到するので
あえてカタカナにしました.

「英語5分間トレーニング」に最近出ていた

 Come again?

電話が遠いので「もう一度言ってくれる?」という状況です.
たしかにこのように言うのも事実ですが,当然誰に対しても言える
フレーズではありません.

「英語5分間トレーニング」は『練習第一』の看板の他に,口語かつ
非常に親密な(あるいは気の置けない)人間関係が前提のようで
そのあたりは注釈なしでどんどん使ってきます.

ここがまあ,欠点といえば欠点で,理解していないリスナーは
かなり目上の人に対してせめて

 Could[Can] you say that again?

というべきところを,Come again? と言ってしまわないかと心配です.
そのあたりをカバーしているのがこのブログ
 http://ameblo.jp/ameglobe/entry-10296016317.html
ですが,考え方によっては単なるおせっかいですね.


ところで,Come again と言えば,おなじみm-floのヒット曲のタイトル.
これは日本のポップス史に残る名曲です.

「何言ってるのかわからない」という批判は当然ありますが,言葉も
1つの「音」,つまり音楽を構成するピースであるというアプローチを
ここまで徹底した曲は他にありません.

ここで少しだけ聴くことができます.
    ↓
m-flo - Come Again - EP - Come Again



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2009-07-12 01:32 | メールマガジン&英語

「まぐまぐ!」3日までお休み   

今日から3日間サーバー保守のためストップ。

発行者画面をよく見ていなかったので、日刊メルマガもその通り休みます。

おまけに昨日も夜10時過ぎに配信しようとしたら、すでに止められていました。

ということでしばらくお休みです。
[PR]

# by t-globe | 2009-07-01 07:33 | メールマガジン&英語

911   

アメリカで救急車を呼ぶ時の電話番号.

 Michael Jackson 911 phone call

こんな会話が公開されるのですね.

今回のニュース速報で必ず出てきたのが,cardiac arrest(心肺停止).
arrest というとまず「逮捕」なので不思議な気がしましたが,arrest の
rest は「止まる」(← remain)が元の意味で,これが arrest = 「停止」
にも及んでいたのでした.



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

[PR]

# by t-globe | 2009-06-27 12:32 | メールマガジン&英語

タリバーンからの脱出   

Times Reporter Escapes Taliban After 7 Months

ニューヨーク・タイムズ紙の記事でピューリッツァー賞を受賞した
チームの一員でもあった記者が,実はタリバーンに誘拐されており,
7ヶ月の後に自力で脱出したという記事です.

その書き出し:

David Rohde, a New York Times reporter who was kidnapped by the
Taliban, escaped Friday night and made his way to freedom
after more than seven months of captivity in the mountains of
Afghanistan and Pakistan.

(ニューヨーク・タイムズ紙のデビッド・ロード記者はタリバーンに
 誘拐されていたが,金曜日の夜脱出し,ついに自由を得た.
 彼はアフガニスタンとパキスタンの国境付近の山間地帯で7ヶ月
 以上拘束されていたのだった.)

この,made his way to freedom にこの記事を書いた人,つまり
ロード記者の仲間の喜びが凝縮されていますね!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2009-06-22 00:00 | メールマガジン&英語

「恋愛小説家」   

今日のメールマガジン(BBC)に書いたネタですが,少し加筆しながら再録しますね.

Always look on the bright side of lifeという歌をご存じですか?
どんな物事にも良い面と悪い面があるので,悪い方は見なくていいよ,という意味のタイトルですが,ジャック・ニコルソン主演の映画「恋愛小説家」(As good as it gets)の一場面で,彼がこの歌をピアノの弾き語りで歌います.

彼の役どころは小説家で,世界で一番皮肉屋で悲観的な男というのですから,ショットが切り替わっていきなりこの場面が出た時には思わず爆笑してしまいましたが,実は大事なシーンなのです.

ところで「恋愛小説家」は原題とは似ても似つかぬタイトルで,オリジナルは As good as it gets

これは簡単な英語に見えて実は言いにくいです.試しに言ってみてください.
しかし本当に見た目より難しく深いのは意味の方で,「恋愛小説家」という邦題を見た時には「何だこれ?」とがっかりしたものです.

このタイトルについて,素晴らしい説明をしているサイトがあります.
 「映画・英語 質問箱」
(このサイトの運営会社は映画を題材にした英語の教科書を作っていて,検定で見事に認可を勝ち取っています.すごいですね!)

私も最初タイトルの意味がよくわかりませんでしたが,映画の中でジャック・ニコルソンが一度だけこのフレーズを言う場面があります.
ビデオ(当時はまだビデオ時代でした)で何度も見て考えたものです.
(どの場面かわかる方・または知りたい方はメールください.)

「恋愛小説家」は英語を離れても楽しめる映画です.共演のヘレン・ハントも素敵でした.そして最後のタイトルバックには再び
  Always look on the bright side of life
が流れます.こちらはジャック・ニコルソンではなく,アート・ガーファンクルの澄んだ歌声が心に残ります.

ということで,おすすめです.
     ↓
「恋愛小説家」 (アマゾンに飛びます)

見たことのある方は,ぜひ感想を聞かせてくださいね!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2009-05-31 17:47 | Entertainment

これを英語で言うと:「ティッシュ」   

tissue
= a piece of soft thin paper, used especially for blowing your nose on

この簡単な説明で,いろいろなことがわかりますね.

まず,a piece of soft thin paper.
paperが不可算(「紙」の意味では a paper, two papers と数えられないので複数形を使わない)ということを思いだしましょう.

続いて,tissue はすでに a piece of の意味を含んでいるので,こちらは数えられることになります.
たとえば「ティッシュ一箱」 = a box of tissues と複数形も使えます.

3つめに,「鼻をかむ」 = blow one's nose をついでに覚えましょう.
さらに,「ティッシュで鼻をかむ」は blow your nose on a tissue[tissues] と前置詞 on を使うことが上の説明からわかりますね.(with も使われていますが).


アメリカではティッシュのことを "Kleenex" と言う,と聞いたことがあるかもしれませんが,本当です.シェアがどのくらいかはわかりませんが,まさに代名詞になっています.
ただ「Kleenexでなければ通じない」というのは言い過ぎで,事実ではありません.
(時々この手の「わかったつもりになっているだけ」の説明があるので困りますね)

「では Kleenex と言ってみよう!」という方は「アメリカでは」という点に要注意です.
相手がアメリカ人でないと,「この日本人はアメリカかぶれ」と思われる恐れがあります.

最後に,発音は「ティッシュ」と跳ねずに「ティシュゥ」となります.


新刊も好評です!
   ↓
 ビジネス英会話の決めゼリフ80

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2009-05-23 15:04 | これを英語で言うと