文武両道?   

Player graduation rates improved by three points in the past year,
to an all-time high of 69%.


アメリカの「NCAA」(National Collegiate Athletic Association)
つまり「全米大学競技協会」で活動するアメリカンフットボール選手のうち
卒業できるのは,最新のデータでは69%.
前年の66%から3ポイント上昇し,史上最高(an all-time high)
とUSA Today が報じています.

アメリカの大学スポーツ選手は,日本と比べると文武両道で,
優れた選手は学業成績も良い,と子どもの頃から聞いていたので,
やや意外でした.それとも時代が変わったのでしょうか?

いずれにしても,アメリカの方が卒業しにくいというのは本当なのでしょう.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

この記事をtwitterへRTする

[PR]

# by t-globe | 2011-03-20 23:32 | メールマガジン&英語

fridge-freezer   

 a large piece of electrical kitchen equipment, of which one part is a fridge and one part is a freezer

読んで字のごとく,「冷凍冷蔵庫」.イギリス英語で使うようです.

グーグルで画像検索するとたくさん写真がありますが,
大型のものを言うようですね.

fridge (=refrigerator) は英米ともに使われます.


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2011-03-05 17:48 | これを英語で言うと

Pain in Spain   

Pain in Spain over austerity plan
(BBC News)

いいタイトルですね!
誰が見ても My Fair Lady.
The rain in Spain stays mainly in the plain
のパクリです.

しかし,話自体は笑えないのが悲しいです.
財政赤字を減らすために,緊縮政策を強いられたスペインが手をつけたのは公務員給与.

「景気のいい時には民間と違って固定給なので上がらない.不景気になると真っ先に給料を減らされるのではたまらない」

公務員の叫びはもっともです.
ユーロ加盟は,後戻りのできない片道切符でした.
いい時ばかりではないので,こういう事態は何十年かに一度は訪れるはずだったのです.

それを知っていたのは政治家だけなのですが,ヨーロッパの人々は今になってユーロに完全に失望しています.


ところで,今ちょっと探したら
 The pain in Spain (The Economist)
でもこのフレーズを使っていました.

また,かつてスペインの住宅バブルが崩壊したときに,クルーグマン教授も
 The pain in Spain...
という記事を,New York Times に書いていました.

みんな My Fair Lady が好きなのですね.
もう一度,この映画のオードリー・ヘップバーンを見て,明るい気持ちになりましょう!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2011-02-14 22:41 | ニュース

【これを英語で言うと】 sing   

sing
= to produce a musical sound with your voice


ということですが、別におもしろい意味があって、

  to tell people everything you know about a crime
  when they ask you questions about it


罪を白状する、ということですが、これはふつう、我々が使うのではなく、
警察の人たちが職務上の会話の中で
  I'm sure he'll sing. (彼は必ず白状するよ)
などという感じで使うのですね。

最近は、検察の
  We'll make you sing. (白状させてやる)
とも取られかねない捜査姿勢に、閣僚まで懸念を表明していますが、
彼らの好きな鳥はカナリアだそうです。

canary = one who informs against another
 (密告者)
というスラングがあるのです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2011-01-31 09:29 | これを英語で言うと

Nodame Cantabile   

「のだめカンタービレ in ヨーロッパ」を,テレビで昨日と今日
やっていて,うちの家族は喜んで見ていました.

私の娘は中学3年で,キリスト教系の学校なので英語の環境は
とても恵まれているのに,全然それを活かしていません.

そこでこんなコミックでも読んだら,とすすめて見ようかと思います.

Nodame Cantabile 1
Nodame Cantabile 1

マンガだし,英語も簡単で少なめなので読んでみる気になるかもしれません.
ご興味があれば,16巻くらい出ていますよ.

これとは別に,講談社から「バイリンガル・ブックス」というシリーズの中で
3冊出ていました.英語ばかりでは,という人にはこちらがいいかも.

バイリンガル版 のだめカンタービレ〈1〉 (KODANSHA BILINGUAL COMICS)
バイリンガル版 のだめカンタービレ〈1〉 (KODANSHA BILINGUAL COMICS)


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2011-01-03 12:11 | Entertainment

ダチョウ倶楽部   

そういう名前のコメディアン(3人)がいましたが,今日は久しぶりに
「これを英語で言うと」の復活です.

もちろん,Ostrich です.

 a large African bird with long legs, that runs very quickly
 but cannot fly.


長い脚を持ち,走るのが速いけれど飛ぶことはできない.それがダチョウ.
しかしもう1つ,informal と注意書き付きでこんな意味も.

 someone who does not deal with difficult problems but
 tries to pretend that they do not exist
--- (1)

困難なことには手を出さず,問題自体が存在しないふりをする人.
英和辞典では,「事なかれ主義」と訳しているようです.


なぜダチョウがそういう人に例えられるのか? それは,ダチョウには

 when pursued (it) hides its head in the sand and believes itself
 to be unseen

  (追われると頭を砂の中に突っ込み,隠れたつもりになる)

という習性があると言われているためです.だから

 one who attempts to avoid danger or difficulty by refusing to face it ---(2)
  (危険や困難を直視しないで,それを避けようとする人)

ということになります.

ちなみに,(1)がロングマン,(2)はメリアム・ウェブスターによる説明ですが,
今回は(2)がわかりやすいです.
いつでも学習辞典の方がわかりやすいとは限りませんね.

 Longman Dictionary of Contemporary English with DVD  Merriam-Webster's Collegiate Dictionary (with CD-ROM) (Merriam Webster's Collegiate Dictionary)


ロングマンは英英辞典のビギナーから上級者まで,特に英語を書く場合に
とても良い辞書で私も手放せませんが,最新版はメディアがDVDなので
PCにインストールできず,必ずDVDドライブに入れることが必要で,
不便になりました.

その点メリアム・ウェブスターはCDで,さらにWindowsとMacの両方で
使えるので,私はどちらにも入れられて大変助かります.


ところで,
 http://www.britannica.com/EBchecked/topic/434444/ostrich

はブリタニカのサイトですが,ここでメリアム・ウェブスターもオンラインで使えます.
百科事典と英語辞典の両方で見ると,理解もさらに深まります.
一度やさしそうな単語で試してみてはいかがですか?


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2010-12-10 00:24 | これを英語で言うと

ぴったりはまる表現   

Shuttle Discovery blasts off to space station

CNN.co.jp の記事のタイトルは
 「シャトル「ディスカバリー」打ち上げ成功、NASA」

これだとまあ普通の見出しですね.
英語の記事では,「爆発」に使う blast が効いています.
これだと「読もう」という気になりますね.

そして読み始めると,記事のリードには

Space shuttle Discovery launched just before midnight Friday on a mission to the international space station.

と,定番のlaunch(打ち上げる)が使われています.

今回のディスカバリー打ち上げは,天候や故障で延期され,やっと
昨日にこぎ着けたのですね.

blast を使いたい気持ちもわかります.


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

# by t-globe | 2010-11-03 15:47 | メールマガジン&英語