<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

【これを英語で言うと】 turtle and tortoise   

アメリカでは,turtle と tortoise が検索語上位に登場!

...かどうかは知りませんが,動物シリーズ第3回は,
アメリカ在住のお2人のリクエストにお答えします.

turtle = a reptile that lives mainly in water and
has a soft body covered by a hard shell


tortoise = a slow-moving land animal that can
pull its head and legs into the hard round shell
that covers its body


ということで,基本は「陸ガメ」を tortoise というようです.
「うさぎとかめ」は山間部で競争していますので,これは
やはり tortoise です.

実は turtle の方が意味は広く,特にアメリカ英語では,
 any reptile that has a hard shell covering its body,
for example a tortoise

という定義もあります.堅い甲羅に覆われ,いざとなると
体を中に隠せるは虫類の総称として turtle が使われます.


「うさぎとかめ」二題:

私の最初の「うさぎとかめ」体験は絵本ではなく童謡でした.
その時の「かめ」のイメージはそこらの池で泳いでいるような
ものだったので,スピードのみならずサイズの面でも
強い不公平感があり,二重のハンディを跳ね返して勝った
カメに,幼心ながら拍手を送ったのでした.しかし tortoise
となるともっと大きな(ガラパゴス島?)サイズを想像する必要
があったのですね.

「うさぎとかめ」といえばイソップ童話です.これが日本では
童謡として歌い継がれているというのは,考えてみると特異な
ことですね.外国の人がこの事実を知ったら驚くような気が
します.1901(明治34)年の作だそうです.


(今日もブログ村)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-02-26 10:27 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 frog   

何だか動物シリーズになってきましたが,

 a small green animal that lives near water and has long legs for jumping

 =「カエル」ですが...

東京ディズニーランドにあった(今はわかりませんが)
 TOAD'S WILD RIDE
というアトラクションは小さいけれどスピード感があって
好きでしたが,この時 frog と toad は違うということを
知りました.

toadは「ヒキガエル」.ガマガエルとも言って,カエルの
大きな種類だと思いがちですが,ロングマンを見ると
 a small animal that looks like a large frog and lives mostly on land

と,はっきり違うものと定義しています.
主に棲息する条件が違うということも比べられますね.
(このサイトでよくわかります.
  ↓
http://www.kiddyhouse.com/Themes/frogs/frogtoaddiff.html

最後に,カエルというとこんなイディオムがあります.

have a frog in your throat
 = to have difficulty in speaking, especially because of a sore throat

本当に,英米人はグロテスクな発想をする人たちですね.


(ブログ村は今日もお天気)
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-02-24 16:26 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 ostrich   

= a large African bird with long legs, that runs very quickly but cannot fly

ダチョウです.顔が左を向いた挿絵がついていますが,
オーストラリアにいるエミューはどうなのか気になりました.

emu = a large Australian bird that can run very fast but cannot fly

アフリカとオーストラリアを入れ替えただけ.
挿絵は顔が右を向いていますが,たしかにダチョウより足が短く
描かれています.(実際は差をつけるほど違うのかわかりません)

ostrichには比喩的に
 someone who does not deal with difficult problems but tries to pretend that they do not exist (現実から逃避する人)

という意味もあります.
ところで,ドイツの隣国オーストリアを,ドイツ語でOesterreich
と言います.似ていますね.何か関係が?

...ありません.
「東の帝国」という意味です.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-02-17 18:11 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 microchip   


 = a very small piece of silicon containing a set of electronic parts which is used in computers and other machines


ということで,
 超小型,シリコン,電子部品を含む,コンピュータや機械に利用される

と,いつもながら優等生の答をロングマンは出してくれました.IT産業の根幹をなす「マイクロチップ」.言うまでもなく業界のリーダーはインテルです.

ところがこれでは終わりません.時代の変化は本当に速いのですね.今「マイクロチップ」をYahooで検索すると,トップに表示されるサイトには

 マイクロチップとは
  動物の個体識別等を目的とした電子標識器具である。


1ページ目にあるサイトはほとんどこちらの「マイクロチップ」に関するものです.私はペットを飼っていないので全く知りませんでした.

ちなみに、4年前に買った Merriam Webster の microchip の意味は
 integrated circuit
だけでした。
[PR]

by t-globe | 2008-02-14 01:44 | これを英語で言うと

聖書の謎を解く   

「 聖書の謎を解く―誰もがわかる福音書入門」
 (三田誠広 PHP文庫)

最近読んだ本ですが,これは面白いです.
何よりも,私にとっても最大の謎に答を出してくれた
のが嬉しいです.

事細かに書くと長くなるので機会を改めますが,メイン
テーマはタイトルの通り新訳聖書の4つの福音書.
ただし,その前提として知っておくべき旧約聖書のポイ
ントにも触れているので,なぜイエスが現れ死んだのか
というストーリーがこの小さな1冊でつかめます.

まず秀逸なのが,私も跳ね返された「マタイ」冒頭のあの
長い系図の意味を解説して通過させてくれたこと.
次に,どうも納得の行かなかったバプテスマのヨハネと
イエスとの関係を,単に支援者をイエスがヨハネから
奪ったということだと言う解釈.

そして私の最大の謎,つまり最後の晩餐の時にイエスが
ユダの裏切りを「それはあなただ」と予言したのに,なぜ
そこでユダを他の弟子が捕まえず,イエスは死ななければ
ならなかったのかということに,明快な答を出してくれて
います.
要するに有名な「最後の晩餐」の構図がおかしいのです.

ネタバレになるのでこのくらいにしますが、本当に面白い
です.おすすめ.

(ブログ村です)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

 2WAYショルダーバッグ
 3WAY ストール
[PR]

by t-globe | 2008-02-04 01:36 | Entertainment