<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

「小さく見える」の意外な訳語   

世界中を驚かせた,フランスの銀行ソシエテジェネラルの不正取引事件.たった1人のトレーダーが49億ユーロ(=72億ドル,7600億円)もの損失をもたらす結果になりましたが,Wall Street Journal の記事で懐かしい表現を見つけました.

 The loss -- dwarfing the $1.3 billion Nick Leeson cost British bank Barings in 1995 -- has forced Société Générale to seek a capital infusion.

 (この損失のために--ニック・リーソンによって英国の銀行ベアリングスが1995年に失った13億ドルなど,それに比べれば小さく見えてしまう--ソシエテジェネラルは資本注入を求めざるを得なくなった)

この dwarf は2年半ほど前にメールマガジンで紹介しましたが,
ディズニーのアニメ "Snow White And The Seven Dwarfs"
(「白雪姫」)の dwarf(こびと)の動詞としての用法です.

直訳すれば「相手を小さく見せる」という意味で,メールマガジンでは
 ある程度大きなものより「さらに大きな」ものを言う時に使うと効果的
と書きました.
WSJのこの記事にもあてはまりますね.


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

バレンタイン 義理チョコ ゴディバ バレンタイン バレンタイン ギフト
[PR]

by t-globe | 2008-01-26 07:24 | メールマガジン&英語

【これを英語で言うと】 tyre   

= a thick rubber ring that fits around the wheel of a car, bicycle etc

この説明では fit around the wheel という所が
なるほどという感じです。

アメリカ英語では tire と綴りますが、どうもこれだと
古い「くたびれた」タイヤに見えてしかたありません。

イギリスで車を運転していた時に、
 "Your tyre's flat!"
と声をかけられて、「パンクしている」という言い方を覚えました。
 You've got (You have) a flat tyre.
でもいいですね。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ


おすすめ情報:
SDHCカード 携帯用SDカード 群馬県スキー場情報
[PR]

by t-globe | 2008-01-24 00:29 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 oyster   

a type of shellfish that can be eaten cooked or uncooked,
and that produces a jewel called a pearl.

ああ,そうだった.
のこともを取るアコヤガイ(真珠貝)のことも でした.
英語で真珠の話などめったにしないので忘れていました.
真珠貝の方は,pearl oyster という言うこともあります.


Longmanにはここで

 The world is your oyster.

という格言というか比喩が出てきます.意味を見ると
 used to tell someone that they can achieve whatever
they want

君のほしい物は何でも手に入るよ,ということですが,これはの「ウィンザーの陽気な女房たち」の登場人物のセリフが起源と言われています.原文を引用すると,

Falstaff: I will not lend thee a penny.
Pistol: Why, then, the world's mine oyster, Which I with sword will open.'

お金など貸してやらないよ,と言われた若者が,「そうか,それならば世界は oyster のような物だから,自分の剣で開いて(中にあるものを)手に入れてやろう」という場面.ここではアコヤガイの方です.「牡蠣」ではあまり迫力がありません.
特に,若くて可能性のある人に対して言います.

誰もがsword,つまり武器・特技を持っているわけではありませんが,閉じた貝を開けることならラッコでもしています.

世界を手に入れられるかどうかは,その気になって智恵を使うかどうかにかかっているということですね.

バレンタインデー 義理チョコ2008

(ブログ村)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-01-19 11:10 | これを英語で言うと

【お知らせ】コメント復活しました   

エキサイトから早速連絡を頂きました.

迷惑コメントの連絡が相次いでいるため,対策として
スパムフィルターの一部修正を行なった課程で不具合
が生じたとのこと.

現在は復旧しています.
対応早かったですね.

では,よろしくお願いいたします.
[PR]

by t-globe | 2008-01-16 23:19 | Blog

お知らせ(コメントについて)   

現在、このブログにコメントを送信しようとすると
 「このブログは書込み禁止になっています」
というメッセージが表示され、コメントを受けられ
なくなっています。(1月15日より)

原因は不明で、エキサイトに問い合わせています。

最近同じ人からの悪質なコメントが毎日のように入った
ので、繰り返し削除し、その人のURLを出入り禁止に
しましたが、それ以外は「全ての人」にコメント権限を
開放していますのでこちらの意図した事態ではあり
ません。

ご迷惑をおかけ致しますが、しばらくお待ちください。
[PR]

by t-globe | 2008-01-16 00:20 | Blog

【これを英語で言うと】 Alzheimer's disease   

ロングマン起動時にランダムに出てくる単語ではなく、
ニュースからも選んでみました。

 a disease that affects the brain, especially of old
people, and that gradually makes it difficult to move,
talk, or remember things

病」です。
Alzheimer's だけでも病名として使います。

記事はこちらです。
Christie wins Golden Globe award
(BBC World Service)
 
Julie Christie has won a best actress Golden Globes
for her role as an Alzheimer's sufferer in Away From Her.

ストライキで俳優にボイコットされた
の発表。「Away From Her」でアルツハイマー病の女性を演じた
が「最優秀女優ドラマ部門」を受賞。


一般に「ぼける」というと記憶の面だけが強調されがちですが、
動作や言語にも障害が出るという説明です。調べてみたら
 「痴呆に伴う失語、失行、失認がみられます」
ということです。英語の説明と同じですね。

類語としては dementia がありますが、これは脳の障害により
 the ability to think and behave normally
が徐々に失われるということで、やや意味が限られています。


[PR] 終身介護 有料老人ホーム
10年日記 携帯カイロ

(ブログ村)
  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-01-14 12:20 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 liver   

liver。

あまり嬉しくない見出し語になってしまいました。
好きではないので。
しかし気を取り直して、スタートです。

 a large organ in your body that produces bile
and cleans your blood.

「肝臓」です。
これは嫌いではありません。大事な命の源ですから。
bileは「胆汁」です。結構簡単ですね♪
ついでにこちらの説明も見ておきましょう。

 a bitter green-brown liquid formed in the liver,
which helps you to digest fats

同時に、bileには「かんしゃく、不機嫌」(anger and hatred)
という意味があり、
 stir (人)'s bile = 「人をおこらせる, 人のしゃくにさわる」
となります。

話しが最初に戻りますが、私が嫌いなのは食品の「レバー」。
噛んだときの歯触りが小さい頃からどうしてもだめですが、
ある日「肝臓」と知った時に嫌悪感が決定的になりました。

。。。と書いていても背筋がゾクゾクしてくるので最後に口直し。

Riverdanceというアイルランドのグループがいます。
 (すごいこじつけだ)

ニューヨークと東京で1度ずつ見ましたが、今年も来日します。
上半身直立のままのアイリッシュタップダンスを中心に、
クロスカルチャー的なパフォーマンスは驚愕・感動です。

右サイドバー(→)の「ライフログ」にDVDを紹介していますので、
ご興味のある方はどうぞ。

ブログ村です
  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

[PR] のだめカンタービレ パスポート取得の手引き 海外旅行で使うおかね ロレッックス レディーズ
[PR]

by t-globe | 2008-01-13 12:52 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 gravy boat   

boat?
さて、何でしょう?

 a long jug that you pour gravy from

ピンと来なければ、いつもの画像検索へ。

これでわかりましたね。
和訳は
 リーダーズ:《舟形の》 グレービーソース入れ
 新英和中辞典:(舟形の)肉汁ソース入れ
と、新英和の使命感(?)がひしひしと感じられる差が出ています。

私が面白いと思ったのは、やはり "boat" です。
gravy jug でもいいじゃないか、と思いますが、そうは
言わないのですね。

ちなみに、Merriam Webster を見ると、jug というのは

 a large deep usually earthenware or glass container
with a narrow mouth and a handle

とされているので、gravy boat のように口が広い物は
jug と呼ぶにはふさわしくないのかもしれません。
また、一般に jug は縦長が多いのが目につきます。

ということで、gravy boat。かなり印象に残りましたか?


(ブログ村)
  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

お役立ち情報:
 TOEIC700点 学習塾をえらぶ 英検準1級
[PR]

by t-globe | 2008-01-11 23:39 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 blowtorch   

私はこの単語を使ったことがありません。
こういうのが出てくると、書いている方は楽しいです。

 a piece of equipment that produces a small very
hot flame, used especially for removing paint


しかし、知らないだけに説明するのも難しいですが、こういう
時は Googleの画像(イメージ)検索ですね。

和訳は、『新英和中辞典』だと「(鉛管工の用いる)小型発炎装置」
『リーダーズ英和辞典』だと「《鉛管工用の》 ブローランプ」

この違いには、辞書の性格がよく出ていると思います。
(中辞典には「トーチランプ」も併記されていますが)

まあ、この例では「小型発炎装置」と言われてもすぐにはわかり
ませんが、『中辞典』は学習辞典だけあって、「どのようなものか」
がわかるような訳語を先に載せます。

一方『リーダーズ』では、もちろん意味がわかることは重要ですが、
「訳文を作る人」に対する配慮が感じられます。「小型発炎装置」
より「ブローランプ」の方が文の中では自然に読めるでしょう?

なお、イギリス英語では blowlampの方が一般的なので、
『リーダーズ』はこれはカタカナ訳語の資格ありと考えたようです。

では、今日もブログ村へどうぞ。
  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ


[PR] 幼児英語のカードリーダー 学習塾をえらぶ バレンタインデー
ロレックスレディース ロレックスエアキング
[PR]

by t-globe | 2008-01-10 21:14 | これを英語で言うと

記憶と関連付け   

アメリカの大統領選が本格的に始まりました。
先週の民主党アイオワ州党員集会でヒラリー・クリントン候補は激戦ながら3位に終わり、ライバルのオバマ候補に反撃するため体制の建て直しを急いでいます。

そこで、次の文。記事の冒頭です。(New York Times

 Bill and Hillary Rodham Clinton have been in career-threatening scrapes before, but never quite like the one they face in the New Hampshire primary on Tuesday, when nothing less than their would-be dynasty will be on the line.

クリントン夫妻にはたしかに元大統領の在職中の不祥事など、数々の苦境(scrape)がありました。しかしそれを乗り越えてヒラリーは大統領選に挑みます。

しかし、これにストップをかけるそうなオバマ候補の勢いに、夫婦揃って大統領というまさしく「クリントン王朝」誕生の夢が危機に瀕して(on the line)います。

ということで、この1パラグラフをまとめて読んだ時に、scrape と on the line という2つの表現がぼんやりとでもつながればしめたもの。それぞれで覚えるよりも強く記憶に残ります。

記憶にこういう「関連付け」が有効なのは科学的にも実証されていますね。

今回は同じパラグラフに関連のある2つの表現が出ていますが、新聞記事はいわゆる「ピラミッド型」に書かれているため、1つの記事の中に同じ意味の言い換えが頻繁に出てくる傾向があります。

ボキャビルに新聞記事、というのは効果がありそうです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

お取り寄せ スイーツ お取り寄せグルメ お取り寄せ 鍋 合格祈願
[PR]

by t-globe | 2008-01-05 23:37 | メールマガジン&英語