<   2006年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

残念! でもまた来年   

最近ちょっと英語以外の話題が続いていますが,東京体育館で高校バスケットの「JOMOウインターカップ2006」が開催されています.

うちの地元(歩いて1分)の県立金沢総合高校女子バスケット部は,体育館が工事中というハンディを乗り越えて9年連続16回目の出場を果たしました.この大会は一昨年優勝,今年もインターハイ3位です.

2回戦から順当に勝ち上がってベスト8に進出しましたが,昨日の試合で身長196センチというセネガルの留学生を擁する倉敷翠松高校に,第4クオーターで逆転負けしてしまいました.

ここで勝っていればベスト4で当たると思われた,国体・インターハイ2冠の桜花学園(愛知)が思いがけず負けてしまったので,ここを突破すれば優勝に大きく進んだところ.返す返すも残念!

県立ということもあり,選手は1人を除いて全員横浜市(あと1人も県内)からしか来ていませんし,最も大きな選手で175センチですが,2度の勝ちゲームのスコアを見ると,厳しいディフェンスが身上のようです.特に最初の試合(2回戦)などは第1・第2クオーターの失点がわずか4点ずつ.半分終って51−8という,相手には気の毒なような闘いでした.

準々決勝も3Qまではそのディフェンスでセネガルのバナ選手を何とか抑えていましたが,その間のファウルの累積で4Qはマークしていた選手を下げざるを得ず,そこから大量得点を許して逆転されてしまったようです.

明日の決勝は,倉敷に今日のゲーム残り2秒で逆転勝ち(その前は桜花に延長勝ち)した岐阜女子高校と,大会連覇を目指す中村学園女子高校(福岡)の対戦.

これが終るとようやく年が越せます.

【追記】
 決勝は中村学園女子が快勝.連覇を果たしました.
 それにしても,岐阜女子はノーシードで決勝進出.見事でした.

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-28 22:46 | Sports

訂正(タケヤブヤケタ)   

こういうのが「回文」ですね。下から読んでも同じになる。
「雅子さま」とか。

先ほどの文は、反対に読んだら安倍首相が驚いたというだけでした。

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-26 08:32 | Entertainment

驚愕の回文   

電車の中吊りになっていた、「週刊朝日」の広告。
安倍内閣のキャッチフレーズは
「美しい国」

反対に読んだら
「憎いし苦痛」

本当だ!

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-26 08:00 | Entertainment

クリスマスを前に   

USA Today の Day in picturesは,毎日10枚ほどの写真を掲載していますが,現時点で最新は22日のもの(左上のドロップダウンメニューで日付を指定できます).クリスマスを前にした世界の様子を垣間見ることができます.
http://www.usatoday.com/news/gallery/day/flash.htm

アメリカでは大統領が傷病兵へのプレゼントの準備を手伝い,ベツレヘムではいかにもクリスマスの原点という風景,そしてフィンランドではやはり...

この時期,行事はクリスマスばかりではありません.イギリスでは「いかにも」という場所で冬至のセレモニー,ヴァチカンでは年末のスピーチ,インドのある地方では今,年初を祝っているようです.

行事どころではない人々もたくさんいます.豪雪のデンバー,そして全く日常のままのパレスチナ西岸地域.

みなさん,どうか素敵なクリスマスを.
ホームページの左側 "Photos"からも入れます.)

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-24 19:56 | ニュース

あめとむち   

North Korea talks end with no deal
(Reuters.com 2006/12/22)

結局,大した話もできないまま休会となってしまった6者間協議.
協議に出席した金桂寛外務次官が「全ての制裁解除が先決」の一点張りだったのは,金正日主席が軍隊に送るカラオケの荷造りに忙殺されて,協議に気が回らなかったから...かどうかは不明.次官は記者会見で次のように話しています.

"The U.S. is now jointly undertaking dialogue and pressure, carrots and sticks."
(米国は現在,対話と圧力を同時に使っている.あめとむちだ.)

19世紀ドイツ(プロイセン)のビスマルクの政策として知られる「あめ(飴)とむち(鞭)」を英語で言うと,carrot and stick.一方で馬の鼻先にニンジンをぶら下げながら,もう一方で叩いて走らせる,つまり
 the use of both reward and punishment to induce cooperation
 (褒美と罰の両方を使って協力を促すこと)

このままで
 carrot and stick approach
 carrot and stick policy
のように形容詞として使うこともできます.

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-23 01:09 | メールマガジン&英語

これを英語で言うと(3)   

今回出てきたのは,
 begonia

イラスト付きです.ところが文字による説明(語義)は...
 a plant with yellow, pink, red, or white flowers

これだけではとても通じないので,別のものにトライしました.
 key = a small specially shaped piece of metal that you
    put into a lock and turn in order to lock or unlock
    a door, start a car etc

a から metal までは,こうでなくてもいいかな,という部分で,肝心なのはその後.
 put into a lock and turn (使い方)
 in order to lock or unlock a door, start a car, etc. (目的・機能)

key を説明しなさいと言われたら,このどちらかが言えればいいですね.
Longmanは,説明に使う英単語を限定(2千か3千)しているので,やさしい言い換えにはうってつけです.

なお,「~のカギ」という時は,次の文を覚えておくといいです.
 I can lend you a spare key to the store.

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-17 15:58 | これを英語で言うと

クリスマスのおすすめ   

これ,自分に買いましたが素晴らしいです.

a0031505_22444145.jpg
The Night Before Christmas: A Pop-Up (Classic Collectible Pop-Up)

作者の Robert Sabuda は「不思議の国のアリス」の
ポップアップ絵本で有名な人なので,ご存じの方も多いかもしれません.

立体を作った程度のただの「飛び出す絵本」だと思って開くと
本当に驚きます.ページは少ないですが,精巧で動きもあり,
文を読みながら見ていると,この童話の「夢」を忠実に表現しているのが
よくわかります.

クリスマスプレゼントを探していたら,ぜひ.
アマゾンは「4歳〜8歳」と書いていますが,大人に贈ってもきっと
喜んでくれると思います.

むしろこの年齢の子に1人で持たせたら壊してしまいそうです.

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-15 23:04 | Entertainment

これを英語で言うと(2)   

今日もやってみました.

出てきたのは...bucket
そう.バケツです.
試しに英語で説明してみてください.実はこういうのが難しいのですね.
さて,答え(あくまでもロングマンの定義です)は;

bucket
= an open container with a handle, used for carrying and holding things, especially liquids

これも結構長い説明ですが,やはり区切れます.
 an open container with a handle
  (取っ手のついた,ふたのない容器)
 used for carrying and holding things 
  (物を運んだり入れておいたりする)
 especially liquids
  (入れる物は液体が多い)

これなどは,最初のところが言えればいいですね.
水に限らず,子どもが砂場で遊ぶ時にもたいていバケツは持っています.

bucketを使ったおもしろい表現がありました.
 weep bucket = to cry a lot
 rain comes down in bucket = it rains very hard

バケツは「大量に」というイメージがあるようですね.

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-13 02:09 | これを英語で言うと

これを英語で言うと   

Longman Dictionary of Contemporary English のCDは,
起動すると勝手に何か見出し語の画面が表示されます.
何が出るかは開けてみないとわかりません.

ゲーム感覚で,「これは英語でどう説明するのか?」を試しているとおもしろいですよ.
せっかくだからここでも紹介します.
今動かして見たら(ただし,欠点は起動が遅いこと)出てきたのは

candle =
a stick of wax with a string through the middle, which you burn to give light.

まさにその通りですね.
長いけれど,3つに切るとそれぞれはすぐ言えるので覚えやすいです.

a stick of wax (棒状のロウで)
with a string through the middle (中央に糸が通っていて)
you burn to give light (火をつけて明かりを採る)

ついでに,面白い表現がありました.
can't hold a candle to somebody/something =
not as good as the other thing or person  

(例) No other singer can hold a candle to her.
 = No other singer is as good as her.
 = She is the best singer.

では,また次回.
[PR]

by t-globe | 2006-12-12 01:07 | これを英語で言うと

これでまた「コパカバーナの...」   

さきほどmixiの右側のニュースの見出しを見ていたら,
「C・ディアスCM曲に問合せ殺到」
というのがありました.ソフトバンクモバイルで,キャメロン・ディアスが歩いているCMのバックに流れているのは,バリー・マニロウの「コパカバーナ」(1978年).

ああ,この曲を知らない人がもう多いんだ,と思ったその次に,ああ,これでまた完全に「コパカバーナ」のバリー・マニロウになってしまうな,と複雑な思い.

彼のステージに3回か4回行っている(と言っても彼だけが特に好きだったわけではなく,あの当時はロバータ・フラック,リー・リトナーから渡辺香津美,アルフィー,竹内まりやまで,ヘビメタ系以外はいろんな人を聴きに行っていました)私の印象では,この曲はあくまで余技のようなもの.彼にはもっと渋めの良い曲がたくさんあるのです.

全米1位になった"Mandy",3位の"Copacabana"(この曲です)を始めとして,TOP40の常連だったのは恐らく80年頃まで.その後は,アレンジャー,プロデューサーとして(彼はベット・ミドラーのデビューアルバム "The Divine Miss M"をプロデュースしています)音楽活動を始めた彼本来の姿に徐々に戻っていったような気します.

比較的目立ちませんが,"If I should love again"(1982年)というアルバムが,しっとりとしたバラード("The Old Songs"とかタイトル曲)が多くて気に入っています.

それだけに,「ああ,また『コパカバーナ』?」という気持ちが...
彼も60歳になるそうですね.
[PR]

by t-globe | 2006-12-08 00:57 | Entertainment