<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

爆笑!ブッシュの金正日「懐柔」作戦   

私はかなりの数のメールマガジンを購読していますが,
その中で一番面白い!というのが Borowitz Report.
(お世話になっている友人のメルマガ作者さんには内緒)

今日(26日)配信のメールマガジンで久しぶりに記事を
使いました.

 BUSH ATTEMPTS TO GIVE KIM JONG-IL FULL-BODY MASSAGE
 (ブッシュ大統領 金正日主席に全身マッサージを図る)

バックナンバーサイトで全文が読めますが,メルマガで
紹介し切れなかったこの話の内容は...

何を言ってもらちが明かない金正日.その原因は金主席の肩凝り
(knots)にあると確信したブッシュ大統領は,

"He felt that once those knots were removed, Kim Jong-Il would
be more amenable to abandoning his nuclear program."
(肩凝りさえなくなれば,金正日がもっと素直に核開発計画を
 放棄するのではないかと思った.)

ブッシュは金正日に1対1の会談を申し入れ,ピョンヤン入りした.
その時彼は

"fully armed with a secret cache of massage oils and ointments"
(マッサージオイルと軟膏をしっかり隠し持っていた)

会談が始まるやいなやブッシュは

"crept up behind Mr. Kim and attempted to rub his neck"
(金主席の背後に忍び寄り,首に軟膏をすりこもうとした.)

思いもかけなかったブッシュの暴挙に

"No one touches Kim Jong-Il," Mr. Kim reportedly barked.
"Not even Kim Jong-Il."
(「何者といえども金正日に触れることは許さん!
  金正日であっても許さん!」と怒鳴ったとのことだ.)

あえなく失敗したブッシュだが,マッサージ作戦の「完遂」を目指し
(Mr. Bush is "staying the course" in his massage strategy)
3日後にイランのアハマディネジャド大統領との会談の約束を
とりつけている.

...と,こういう記事が週5回,平日毎日届き,私のメールマガジン
発行のヒントになっています.

購読は,http://www.borowitzreport.com/default.aspから.

左サイドバーの "Sign Me Up!" をクリックして,次のページで
メールアドレスを入力.もう一度"Sign Me Up!"で完了です.
[PR]

by t-globe | 2006-07-26 01:18 | メールマガジン&英語

ラクダに乗って首相はご機嫌   

今日配信のメールマガジンでもとりあげましたが,任期切れが
間近な小泉首相のヨルダン訪問はすっかり卒業旅行ムードで,
隣の国が戦争の真っ最中だということはもちろん,つい前日まで
そこを訪問していたこともまったく頭にない様子.

金曜日(14日)にはペトラという旧い史跡に案内され,ラクダに乗って
はしゃぐ様子が写真入りで報じられました.
 Japan PM: From Elvis to Arab in just two weeks

Yahoo!ニュースはすぐに削除されてしまうので,我らが首相の
「緊迫の」中東外交の実態を記録に止めておきましょう.

記事はまず,2週間前に首相がアメリカでエルビス・プレスリーのまねを
していたことに触れた後,今度はペトラ遺跡で,伝統的な赤と白の帽子
をかぶってラクダに乗った時のことを紹介しています.

"A camel isn't comfortable," Koizumi quipped,
  「ラクダはラクじゃないね」 小泉首相はジョークを言った.

punning with the words for camel and "it's comfortable,"
  動物のラクダと「快適だ」を意味する言葉が

which sound the same in Japanese.
  日本語では同じ音になるのだ.

ペトラの遺跡は2000年以上前に彫られたということですが,ここは
『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』が撮影された場所であることが
紹介されています.首相にとってはそちらの方がずっと興味を引いた
のではないかということを,記者も感じ取ったのではないでしょうか.

そして話題は2週間前の訪米時に「グレースランド」(エルビス・
プレスリーの家)をブッシュ大統領に案内された時のことに;

Koizumi, who shares a birthday with Elvis,
  エルビスと同じ誕生日の小泉首相は

sang the opening line of an Elvis song
  エルビスの歌の出だしを歌い

and put on a pair of sunglasses Elvis had owned.
  エルビスが使っていたというサングラスをかけて見せた.

4日間の中東訪問はこのヨルダンが最後で,この後小泉首相は
サミットに出席するためロシアのサンクト・ペテルブルクに向かい
ました.

ちょうど同じ頃,国連では日米が提案した北朝鮮に対する制裁
決議案に関する緊迫した駆け引きの最中でしたが,ただでさえ
日本・アジアの情勢になじみの薄いヨルダンの人々の目には,
平和な国から首相が観光に来たという程度にしか映らなかった
ことでしょう.

早く「普通のおじさんに戻りたい」と思っているのでしょうね.
唯一,「首相」としてやりたいことは,靖国参拝くらいでしょう.
[PR]

by t-globe | 2006-07-17 08:54 | メールマガジン&英語

Spacewalkと言えばカッコいいけれど   

"Discovery pair complete spacewalk" (CBBC Newsround: Sci/Tech)
 
打ち上げの時に断熱材がはがれて心配されたスペースシャトル
「ディスカバリー」は,今も無事飛行中です.

先日2人の乗組員が船外活動,つまり宇宙遊泳(spacewalk)を
して,シャトルの修理を行ないました.イギリス出身のピアーズ・
セラーズ飛行士にとっては2度目の経験です.

Piers, who did a previous spacewalk in 2002, said he felt like
"a bug on the end of a fishing rod".

「釣りざおの先のエサ」みたい?
さすがイギリス人,地味な感想ですね.
もう少し,聞く者の心が踊るようなコメントがほしかった.

ところで,このCBBCというサイト,Time for Kidsと同様の
子ども向けサイトで,こちらもなかなか充実していますよ. 
[PR]

by t-globe | 2006-07-15 07:11 | メールマガジン&英語

祝!bikiniはついに年金生活?   

mixiのコミュでも紹介しましたが,Learning English の
今回の Words in the news は,とてもリラックスした内容.
 bikini anniversary

遊びのある表現があちこちに見られます.たとえば,
 This tiny fashion item has had an impact way beyond its size.
なんて,この記事は女性が書いているのですが,いいですね.
(注:way は「道」ではなく強調.「はるかに」の意味です)

次に,
 It's hard to believe that the bikini is now a pensioner.
ということは,イギリスの年金受給開始は60歳ということ,
と解説にもありましたが,続いて「男性は通常65歳」!
年金までレディ・ファーストなわけですね.

60年前にビキニが発表された時の酷評と言ったらすごいもの.
 those three small triangles, which one critic complained
 revealed everything about a girl apart from her mother's
 maiden name.
「母の旧姓以外は全てをさらけ出してしまう」?
逆に考えると,女性の旧姓は秘密性が高いのでしょうか?

ここまでが前半.
後半にも興味深いエピソードが出てきます.ぜひ一読を!
 → bikini anniversary
[PR]

by t-globe | 2006-07-07 21:59 | メールマガジン&英語