<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

Merry Christmas   

私はクリスマスを静かに過ごすのが好きだ.
クリスチャンではないけれど,大騒ぎする日ではないことは
聖書のこんなパッセージが教えてくれる.

神の降臨
"Behold, the virgin shall be with child, and bear a
Son, and they shall call His name Immanuel,"
which is translated, "God with us."
(Matthew 1:23)

罪を知らぬ子
And you know that He was manifested to take
away our sins, and in Him there is no sin.
(1 John 3:5)

人々の罪を背負う
And He Himself is the propitiation for our sins, and
not for ours only but also for the whole world.
(1 John 2:2)

復活
But the angel answered and said to the women,
"Do not be afraid, for I know that you seek Jesus
who was crucified.
(Matthew 28:5)

He is not here; for He is risen, as He said. Come,
see the place where the Lord lay."
(Matthew 28:6)

年に一度くらい聖書とともに過ごすのも悪くない.

みなさん,素敵なクリスマスを
[PR]

by t-globe | 2005-12-25 01:18 | メールマガジン&英語

「まぐまぐ」殿堂入り   

このページを見ることはあまりないと思いますが,
一度くらい見てください.
    ↓
http://www.mag2.com/m/0000102232.html

「殿堂入り」の札.

おかげさまで読者数3000人を達成.
「発行2年+読者数3000人」の条件をクリアできました.

飽きずに読んでくださった皆さんのおかげです.
3万誌以上あるという「まぐまぐ」の中で,先ほど数えてみたら
「殿堂入りマガジン」は1300誌ちょっとでした.

いわば「5%クラブ」の仲間入りです.

もちろん,読者数が1万人を超えながら,まだ創刊1年そこそこ
というメールマガジンもあります.

私の「3年で3000人」よりも,本当はそちらの方が当然すごい
のですが,彼らは発行期間が足りないので「殿堂入り」できません.

そこに優越感を覚えてしまうお気楽さが,今まで続いてきた
秘訣かもしれません.

これからもよろしくお願いします.
[PR]

by t-globe | 2005-12-22 22:42 | メールマガジン&英語

Google・AOL連合   

今日のメールマガジンで採り上げた記事は面白かった.
 Time Warner to Sell 5% AOL Stake to Google for $1 Billion
  (New York Times)

グーグルがAOLに出資することで最大かつ強力な広告検索
が可能になる見通しだが,AOLがそれを決定した日の様子
が書かれている.

15日の木曜日,ニューヨークにあるタイム・ワーナー社のビル.
グーグルとマイクロソフトの代表が別々の会議室に通され,

executives from the media company walked back and forth
 between them.
  (タイム・ワーナーの幹部が両方の部屋の間を行ったり来たり)

同じ時,本社と同じタイム・ワーナー・センターにあるホテルでは

 Time Warner was holding its corporate Christmas party.
  (タイム・ワーナーは会社のクリスマスパーティーの最中だった)

そして午後9時,タイム・ワーナーのパーソンズCEOがパーティー
会場を後にし,本社の会議室とは別の場所で交渉を続けていた
グーグルのシュミットCEOに受諾を伝えた.
マイクロソフトのバルマーCEOに結果が伝えられたのは,翌朝
になってからのことだという.

これを見ると,会議室に呼ばれた人たちは完全に当て馬?
ということで,タイム・ワーナーはその日すでにグーグルと最終
の詰めにはいっていたことになる.

いずれにしても,これで苦戦の続くAOLも復活するのだろうか.
NYでAOLに入って,メールソフトから初めてあの
 "You've got a mail."
の声を聞いた時に思わず笑ってしまったことを思い出す.
[PR]

by t-globe | 2005-12-18 18:33 | メールマガジン&英語

phone book   

Review: 'King Kong' a giant pleasure
 ---CNN.com---

「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督による
リメイク映画「キング・コング」はいよいよ17日から日本公開.
CNNはキング・コングの大ファンであるジャクソン監督が
子供時代からこの映画に異常なほどの熱い思いを持っていた
ことを伝えている.

監督になってから,ブレイク前にキング・コングを撮りたかった
時は叶わなかった.しかし「リング」の大ヒットでついに夢を
叶えたわけだが,彼の今の状況は
 Hollywood would probably have let him make a movie about a phone book.
 (電話帳のことを映画にするといっても撮らせただろう)

これはすごい言い方だ.電話帳というのは退屈なものの
代名詞ということか.

同じ記事でおもしろいなと思ったのが,
 the budding filmmaker tried to make his own version

日本語なら「映画監督のタマゴ」というところを,「芽・つぼみ」
を使っている.

自分としてはこちらに一票.
[PR]

by t-globe | 2005-12-14 23:30 | メールマガジン&英語

400号   

今日はメールマガジン発行3周年.
以前無謀にもぶち上げた,400号との同時達成配信の
手続きを,さきほど無事完了.

ただ,こちらの都合でこの2週間やや配信ペースが上がった
のは,読者の方にはやや迷惑だったかも知れないと,最後に
なって考えた.

これからは自然体に戻りましょう.

とにかく,これでこの週末はゆっくりできるかな?
[PR]

by t-globe | 2005-12-11 08:58 | メールマガジン&英語

ボキャビルは愛   

あれはなんだったのだろう,と多くの人が思っているだろう
ゆとり教育.あの時期,英語の授業で学ぶ単語の数が目に
みえて減った.大ヒットした「100語でスタート」どころか,
へたをすると「100語で終わり」になりかねないと思った.

だからと言うわけではないが,ボキャビル熱はいつになって
も根強いものがある.最近は方法論についてはあまりとや
かく言わないことにしている.人によって向き不向きがある
ので,何が効果があるかは一様ではないからだ.

ただ一つだけ言えるのは,同じ単語に出会う数が多ければ
その単語は頭に残るということ.世の中の方法論は最初の
出会いをどれだけ印象的にするかが売り物だが,実はその
先が大切.それは恋愛と同じで,やはりまめに会うことだと
思う.何度も見たり聞いたりする機会を作って,接触をたや
さないこと.

「この方法でTOEICの点が上がった!」
それはいいことだが,それで終わってしまっては意味がない.
そのあと英語に触れる機会があまりなければ,たくさん覚え
た単語もほとんど忘れてしまうだろう.いつも何かを読んだり
同じ方法で単語を繰り返し覚えたり,と言うことを続けて,
ある日実際に自分で使えた,相手の言うことが聴き取れた,
本に出てきて理解できた,という時は嬉しいものだ.

会って,触れる.
ちょっと変な話になってきたが,これが関係を長続きさせる
ために一番大切なことだ.遠距離恋愛だって,電話やメール
をフル活用するだろう.何度も言葉をやりとりして,ようやく
会う機会ができたら,それは一生忘れないほどの記憶に
なる...さすがにちょっと大げさですね.英単語では.
[PR]

by t-globe | 2005-12-05 23:47 | メールマガジン&英語

Learning English のカレンダーが当たる!   

BBC Learning English のサイトでクリスマスまで毎日,
オリジナルカレンダーが当たるコンペティションが開かれて
います.
  Advent Calendar Competition 2005

現地時間正午,つまりこちらでは午後9時から,その日の
番号をクリックするとポップアップウィンドウが開きます.
(他の日をクリックしてもだめです!)

そこにクイズが出ていれば,その日の有資格者.答を
 learningenglish@bbc.co.uk
に送りましょう.正解者の中からカレンダーが当たります.

Good luck!
[PR]

by t-globe | 2005-12-03 09:02 | メールマガジン&英語