<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

"Tuesdays with Morrie" ふたたび   

日本でもベストセラーになった「モリー先生との火曜日」
ミッチ・アルボムがこの本を書いたきっかけは,ABCテレビ
の "Nightline" で恩師であるモリー先生の病気を知った
ことだった.

ABCラジオのポッドキャスティングで,この番組のモリー
先生とのインタビューの模様を,アルボム氏のコメントを
交えて放送していたが,放映された番組の感動が伝わっ
てきた.

彼の病名はALS(筋萎縮性側索硬化症).体中の筋肉が
次第に機能を失い,それが呼吸器に及んだ時に生命の
終わりが訪れる.

「自分で眼鏡をかけてみてくれないか.もちろん断っても
かまわないが,この病気がどんなものか視聴者によくわ
かると思う」と言われ,モリー先生は快く応じる.ハアハア
という荒い息遣いがしばらく続いた後,とうとう
 "I can't."

そんな状態で,「死を迎えること」について聞かれて,
彼が語った3つのこと.

 "Don't hide."
 "Accept."
 "Keep an open heart.
  Open it up, further and further and further."

この音声ファイルは,永久保存の勇気の素になりそうだ.
[PR]

by t-globe | 2005-11-26 20:47 | メールマガジン&英語

summon   

"We must summon the will to do it."
( UN summit on Information Society より--BBC Learning English)

チュニジアの首都チュニスで開催された
 「世界情報社会サミット」
でのアナン国連事務総長の発言.

インターネット社会になって,先進国と発展途上国との間に
生じた情報格差の解消が,このサミットの大きなテーマの
一つ.こうした課題を克服するための強い意志を持ち続け
なければならない,というのがアナン氏のこの発言.

summon を辞書で調べると,「召集する,呼び出す」,それ
からこの文のような「奮い起こす」などと並んで「喚問する」
という訳語が出ているが,学生時代から,これなら
 「査問する」
と書く辞書が出ないかなとずっと思っている.
その方が覚えやすいのに.
[PR]

by t-globe | 2005-11-20 00:18 | メールマガジン&英語

銅の値段   

商品市場で銅の価格が急騰している。
中国の商品準備局という役所のトレーダーが空売りして
損を抱えたまま雲隠れしたという噂が影響しているらしい。
巨額の空売りをいつか買い戻さなければならないので
相場は上がらざるを得ないだろうという発想.

銅の相場は1トン4000ドル。つまり50万円?高いのか
安いのかわからないがとにかく史上最高値だそうだ。

現在このトレーダーは(雲隠れしたのに見つかったのか)
"ordered to stay away"ということで、
「自宅待機を命じられた」というところか。

中国は世界最大の銅の消費国だそうだが、銅って何に使う
かと聞かれると即答できない。
copperとかzincとかいう単語も、何のために覚えるのか、
考えてみた方がよさそう。
[PR]

by t-globe | 2005-11-15 12:54 | メールマガジン&英語

Podcasting   

最近これは必需品に近い状態.
特に今朝聞いていた BBC の"Today"は迫力ものだった.

英国の反テロ改正法案の採決を前に,イスラエル訪問
していたブラウン蔵相が予定を切上げて日帰り帰国.
始めから票読みが危うければ訪問自体キャンセルして
いたはず.それがこうなったのは直前に事態が急転?

ブラウン蔵相のインタビューを交えた番組を電車の中で
聞き,会社に着いてまもなく法案の否決を知った.

これ,本当に楽しいですよ.
iTunesがあれば特にソフトはいらないし.
[PR]

by t-globe | 2005-11-11 02:29 | メールマガジン&英語

curfew   

「夜間外出禁止令」
今フランスがとんでもないことになっている。
移民の若者二人の感電死事件をきっかけに全土で発生している
暴動の主役を、Economistはdisaffected youthと表現している。
Economist.com

affection=愛情、と覚えていると、疎外された若者のように考え
てしまうが、これは「不満を持った」という意味。
名詞disaffectionも「不平・不満」。
この記事の場合など、ちょっと違和感を持ちながら違う意味で読み
進んでしまうことは十分ある。反対語も、一筋縄ではいかない.

ところで,「愛情」(affection)の反対語が「不平・不満」,
というのは考えさせられた.
暴動とは関係のないところでなかなか深い記事だった.
[PR]

by t-globe | 2005-11-09 12:45 | メールマガジン&英語

業務連絡   

先日久しぶりにメールマガジンで復習問題を出した
ところ,「難しい!」というメールを次々と(というほどで
もないけれど)いただいた.

それも私の知る限りかなりの使い手の方が何人も
そう訴えるので若干心配になった.

しかし考えてみたらもう384号.その中の11だけを
選んでいるので,覚えていなくても安心してください.

ところで,384と言えばそろそろ400号が見えてきた.
そして,創刊が2002年12月11日なので,3周年も.

めでたくこの2つを同時に達成しようとすると,今日も
含めあと36日.つまり隔日ペース.これは厳しい部類
に入る.これができていれば今ごろ500号だ.

果たしてドラマは作られるのか?
姑息な裏技があるのか?(「復習」は...)
乞うご期待!

...私だけ
[PR]

by t-globe | 2005-11-07 23:30 | メールマガジン&英語

avian flu   

avian flu = 鳥インフルエンザ

さすがに「英辞郎」には載っているが,
「一般的には bird flue が用いられることが多い」
と書いてある.
「わかった.じゃ,簡単だし bird flu で行こう」
ちょっと待って.ちょっと寄り道.

たしかに,Google では3900万対940万で,圧倒的に
bird flu の勝ち.
しかし少し前の podcasting "Newsweek online"
でも avian flu を使っていた.言葉の流行りはどんどん
変わるので,google 検索結果を時期で区切ると,もしか
したら最近は avian が増える傾向,ということがあるか
もしれない.(これはあくまで根拠のない推測.そこまで
調べるエネルギーはありません...)

ところで avian は Merriam Webster によれば
"of, relating to, or derived from birds"
で, aviation(航空,飛行,航空術 など)と同じラテン語
の語源 avis(鳥) を持つ.

学生の時にまぎらわしかったのは, "navigation" も
「航空・飛行」という意味を持っていたこと.
こちらの語源はやはりラテン語だが navis(船).
頭に "n" がつくだけの違いは大きく,navigation は
本来「航海,航海術」だった.しかし後になって気球や
飛行船,飛行機にまで流用されるようになった.また
カーナビの「ナビ」は navigation system.つまり
navigation は陸海空を制覇しているわけだ.

一方 avis はどうか.わずかにレンタカーのAvis が
地上に足がかりを残しているように見える(本当にこれ
は「空を飛ぶように快適なドライブ」からくる名前なの
だろうか)が,それ以外に鳥は地上に降りるのを許され
なかったようだ.

どうですか?
ちょっと寄り道も面白いでしょう?Bird Flu ではいか
にも「まんま」だし.
さて,寄り道してしゃべりすぎたのでのどが渇いた.
ちょっとエビアンでひと息いれましょう.

あ,これは Evian ですよ.念のため.
[PR]

by t-globe | 2005-11-03 13:48 | メールマガジン&英語