カテゴリ:これを英語で言うと( 48 )   

これを英語で言うと:「ティッシュ」   

tissue
= a piece of soft thin paper, used especially for blowing your nose on

この簡単な説明で,いろいろなことがわかりますね.

まず,a piece of soft thin paper.
paperが不可算(「紙」の意味では a paper, two papers と数えられないので複数形を使わない)ということを思いだしましょう.

続いて,tissue はすでに a piece of の意味を含んでいるので,こちらは数えられることになります.
たとえば「ティッシュ一箱」 = a box of tissues と複数形も使えます.

3つめに,「鼻をかむ」 = blow one's nose をついでに覚えましょう.
さらに,「ティッシュで鼻をかむ」は blow your nose on a tissue[tissues] と前置詞 on を使うことが上の説明からわかりますね.(with も使われていますが).


アメリカではティッシュのことを "Kleenex" と言う,と聞いたことがあるかもしれませんが,本当です.シェアがどのくらいかはわかりませんが,まさに代名詞になっています.
ただ「Kleenexでなければ通じない」というのは言い過ぎで,事実ではありません.
(時々この手の「わかったつもりになっているだけ」の説明があるので困りますね)

「では Kleenex と言ってみよう!」という方は「アメリカでは」という点に要注意です.
相手がアメリカ人でないと,「この日本人はアメリカかぶれ」と思われる恐れがあります.

最後に,発音は「ティッシュ」と跳ねずに「ティシュゥ」となります.


新刊も好評です!
   ↓
 ビジネス英会話の決めゼリフ80

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2009-05-23 15:04 | これを英語で言うと

shield (楯・盾)   

昨日ついに原稿を入稿したのでちょっと余裕ができた週末,
久しぶりにロングマンで遊んでみました.

今日出てきたのは shield.

a) a large piece of metal or leather that soldiers used in the past to protect themselves when fighting

これと,もう1つ出ていました.

b) a piece of equipment made of strong plastic, used by the police to protect themselves against angry crowds


別々の説明ですが,なかなか面白い対比になっています.
 metal of leather ... soldiers used in the past
 strong plastic ... used by the police

2つ目の説明は,angry crowdsに対して身を守るというところなどリアルです.なんとなく三省堂の「新明解国語辞典」のような説明ですね.

angry crowdsは「暴徒」のことだろうと思ってmobを見ると,やはり
 a large noisy crowd, especially one that is angry and violent
とぴったりで,今回は mob = angry crowds という言い換えを覚えました.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2009-03-28 11:44 | これを英語で言うと

「天下り」は "descent from heaven"?   

Economistの記事に出ていました.ただし
 This recalls amakudari, or “descent from heaven”
という形で書かれているのでこれは直訳.そのあとの説明では

 the practice of rewarding government officials with cushy,
 post-retirement jobs in the area of their official responsibility.
 (退職した官僚に対し,在任時の担当業界に再就職させて楽な
  仕事で報いる慣習)

と,まさにその通り.
cushyでさりげなく「高給」もほのめかしているのでしょうね.

ちなみにこの記事自体のテーマは「ヤクザの良き時代の終わり」.
   ↓
 Feeling the heat

官や大企業と相互依存関係のもとで庇護を受けていたのはヤクザも天下り
官僚も同じ,という真実をついた記事です.


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2009-02-28 12:48 | これを英語で言うと

ムール貝と筋肉とネズミの関係   

「ムール貝と筋肉」というタイトルでピンと来た人には,
何のしかけもない記事です(投げやり?)
ムール貝(mussel)と筋肉(muscle)は,発音が同じです.
「マッスル」で,最初ムール貝のつづりがわからなかったので,
中身の色が筋肉に似ているために同じ単語にしたのかと,
ちょっとぞっとしましたが,微妙に違っていました.

ムール貝を英語で説明すると,(ロングマンから)

 a small sea animal, with a soft body that can be eaten and a black shell that is divided into two parts

柔らかい中身を食用にする二枚貝で殻の色は黒,というわけですね.
一方筋肉の方は,

 one of the pieces of flesh inside your body that you use in order to move, and that connect your bones together

体の「肉」のひとつで,体を動かしたり骨を連結したりする.


この2つの単語,発音やつづり(mus)を共有しているほどです
から,語源も同じです.
mus = mouse,そう,ネズミです.

ムール貝の方は,何と「ネズミに似ている」からこの名前,
筋肉は「皮膚の下でネズミのように動く」ということだそうです.

皆さん,単語を覚えるには想像力が大切です!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-07-13 15:22 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 drumstick   

the lower part of the leg of a chicken or other bird, cooked as food

これは予想外の方も多いかもしれません.
もちろん
 a stick that you use to hit a drum
という文字通りの意味もありますが,ニワトリや七面鳥などの
足を料理したものが drumstick で,例えばケンタッキーフライド
チキンでも,手羽(wing),あばら(rib),腰(thigh),
脚(drum),胸(キール=keel) の5つのパートを売っています.
 ←KFCブログより

また,こんなページも発見しました.
 http://sinri.net/comicblog/188.html

legと言っても通じないことはありませんが,drumと
言った方が「うん,わかった」という表情で応対して
くれると思います.
[PR]

by t-globe | 2008-03-20 17:26 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 turtle and tortoise   

アメリカでは,turtle と tortoise が検索語上位に登場!

...かどうかは知りませんが,動物シリーズ第3回は,
アメリカ在住のお2人のリクエストにお答えします.

turtle = a reptile that lives mainly in water and
has a soft body covered by a hard shell


tortoise = a slow-moving land animal that can
pull its head and legs into the hard round shell
that covers its body


ということで,基本は「陸ガメ」を tortoise というようです.
「うさぎとかめ」は山間部で競争していますので,これは
やはり tortoise です.

実は turtle の方が意味は広く,特にアメリカ英語では,
 any reptile that has a hard shell covering its body,
for example a tortoise

という定義もあります.堅い甲羅に覆われ,いざとなると
体を中に隠せるは虫類の総称として turtle が使われます.


「うさぎとかめ」二題:

私の最初の「うさぎとかめ」体験は絵本ではなく童謡でした.
その時の「かめ」のイメージはそこらの池で泳いでいるような
ものだったので,スピードのみならずサイズの面でも
強い不公平感があり,二重のハンディを跳ね返して勝った
カメに,幼心ながら拍手を送ったのでした.しかし tortoise
となるともっと大きな(ガラパゴス島?)サイズを想像する必要
があったのですね.

「うさぎとかめ」といえばイソップ童話です.これが日本では
童謡として歌い継がれているというのは,考えてみると特異な
ことですね.外国の人がこの事実を知ったら驚くような気が
します.1901(明治34)年の作だそうです.


(今日もブログ村)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-02-26 10:27 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 frog   

何だか動物シリーズになってきましたが,

 a small green animal that lives near water and has long legs for jumping

 =「カエル」ですが...

東京ディズニーランドにあった(今はわかりませんが)
 TOAD'S WILD RIDE
というアトラクションは小さいけれどスピード感があって
好きでしたが,この時 frog と toad は違うということを
知りました.

toadは「ヒキガエル」.ガマガエルとも言って,カエルの
大きな種類だと思いがちですが,ロングマンを見ると
 a small animal that looks like a large frog and lives mostly on land

と,はっきり違うものと定義しています.
主に棲息する条件が違うということも比べられますね.
(このサイトでよくわかります.
  ↓
http://www.kiddyhouse.com/Themes/frogs/frogtoaddiff.html

最後に,カエルというとこんなイディオムがあります.

have a frog in your throat
 = to have difficulty in speaking, especially because of a sore throat

本当に,英米人はグロテスクな発想をする人たちですね.


(ブログ村は今日もお天気)
 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-02-24 16:26 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 ostrich   

= a large African bird with long legs, that runs very quickly but cannot fly

ダチョウです.顔が左を向いた挿絵がついていますが,
オーストラリアにいるエミューはどうなのか気になりました.

emu = a large Australian bird that can run very fast but cannot fly

アフリカとオーストラリアを入れ替えただけ.
挿絵は顔が右を向いていますが,たしかにダチョウより足が短く
描かれています.(実際は差をつけるほど違うのかわかりません)

ostrichには比喩的に
 someone who does not deal with difficult problems but tries to pretend that they do not exist (現実から逃避する人)

という意味もあります.
ところで,ドイツの隣国オーストリアを,ドイツ語でOesterreich
と言います.似ていますね.何か関係が?

...ありません.
「東の帝国」という意味です.

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-02-17 18:11 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 microchip   


 = a very small piece of silicon containing a set of electronic parts which is used in computers and other machines


ということで,
 超小型,シリコン,電子部品を含む,コンピュータや機械に利用される

と,いつもながら優等生の答をロングマンは出してくれました.IT産業の根幹をなす「マイクロチップ」.言うまでもなく業界のリーダーはインテルです.

ところがこれでは終わりません.時代の変化は本当に速いのですね.今「マイクロチップ」をYahooで検索すると,トップに表示されるサイトには

 マイクロチップとは
  動物の個体識別等を目的とした電子標識器具である。


1ページ目にあるサイトはほとんどこちらの「マイクロチップ」に関するものです.私はペットを飼っていないので全く知りませんでした.

ちなみに、4年前に買った Merriam Webster の microchip の意味は
 integrated circuit
だけでした。
[PR]

by t-globe | 2008-02-14 01:44 | これを英語で言うと

【これを英語で言うと】 tyre   

= a thick rubber ring that fits around the wheel of a car, bicycle etc

この説明では fit around the wheel という所が
なるほどという感じです。

アメリカ英語では tire と綴りますが、どうもこれだと
古い「くたびれた」タイヤに見えてしかたありません。

イギリスで車を運転していた時に、
 "Your tyre's flat!"
と声をかけられて、「パンクしている」という言い方を覚えました。
 You've got (You have) a flat tyre.
でもいいですね。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ


おすすめ情報:
SDHCカード 携帯用SDカード 群馬県スキー場情報
[PR]

by t-globe | 2008-01-24 00:29 | これを英語で言うと