フィリピンの洪水   

ページのデザインを変えて喜んでいたら,あっという間に1ヵ月経ってしまいました.

昨日(28日)のメールマガジンで取り上げた記事は,今は

 Dozens dead as flooding engulfs Manila

というタイトルに変わっていますが,実際は死者150人近くなっているので "dozens" では足りません.
メールマガジンの

 Manila, in the island of Luzon, and the nearby province of Rizal bore the brunt of the storm.

に続くのは,被災した人々の様子です.

 People huddled on rooftops Sunday waiting on army helicopters to pluck them to safety. Others used ropes to wade through waist-deep muddy waters.

 人々はこの日(日曜日),屋根に鈴なりになって,軍のヘリコプターが安全な場所に救出してくれるのを待っていた.またロープにつかまって,腰の高さまで増水した泥水の中を渡って行く人たちもいた.

be plucked to safety という表現はコウビルド英英辞典(CD版)に独立した例として載っています.
危険な状況から救出されることで, be plucke from ~(状況) という形も出ています.

pluck は本来,何かを「指でつまんで(つかんで)抜く」という動作です.
ヘリコプターは着水できないので,上空から縄ばしごを下ろして,そこを1人ずつ上っていくのですから,まさに少しずつつまんで引き上げるという感じが出ていますね.


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2009-09-28 23:10 | メールマガジン&英語

<< 金融英語(メールマガジン後記) 「人間が走ってるんですよ」 >>