ハリー・ポッター 「アズカバンの囚人」   

公開からもうかなり日が経っているので,席を取るのは簡単だったが
それでも結構混んでいた.

原作を相当読み込んでいる娘に言わせると,かなりカットされていると
いうことだが,巻を重ねるごとに原作が長くなって行くので,これから先
はさらにその度合いが強くなるのは確実.
(途中で休憩を挟むような映画は今時作らないだろう.)
a0031505_13324075.gif

前作「秘密の部屋」に比べると,オオカミ人間のようなモンスターや動
物キャラの印象が強い一方で,ダンブルドアやマクゴナカルといった
人物の印象は薄く,登場人物が限られていたような感じだった.
スネイプの憎まれ役的イメージもあまり強くなく,前作のロックハート
のように,強烈に描かれたキャラクターが一人いればもっと面白かった
ように思う.

とは言え,2時間以上飽きずに見られるストーリーはやはり面白かった.
特撮も,「ロード・オブ・ザ・リング」のようにこれでもかという感じではな
く,ロンドンをバスが疾走するシーンのようにあくまでアクセントとして
使っている方が,この映画には似合っている.次作以降でもあまりそちら
に力を注ぎすぎないければいいのだが.
(なお,画像は映画と何の関係もありません.)
[PR]

by t-globe | 2004-08-15 13:36 | Entertainment

<< 朝は体操,夜は柔道 日本vsパラグアイ >>