一石「六鳥」?   

同じことをいろいろな表現で言えるという良い例を見つけました.

US car sales continue to suffer
 (BBC News)

 Chrysler saw a 48% drop in April sales from the same month a year ago.
 (クライスラーの4月の売り上げは前年同月比48%下落した.)

という話から始まり,他の大手の売り上げものきなみ落ち込んだ,という話ですが,次のように出てきます.

 Japan's Toyota sales fell 42%,
 with Nissan seeing a 38% slide.
 Sales at Ford slid by almost 32%,
 General Motors lost 34%
 and Honda were off 25%.

という具合.このあたり,単調な繰り返しは避けるというプロ意識を感じますが,せっかくやさしい単語ばかりで6つも並べてくれたので,ちゃっかりいただいてしまいましょうね!

(余談)
なお,最後の Honda were off は主語をホンダという会社と考えれば単数のはずです.ただし書き手の意識が「ホンダのクルマ」であれば,複数として動詞wereで受けてもおかしくないところです.

一般に会社名や組織が主語の時に,こういうことはよく起こりますね.意識が会社(組織)という1つのまとまりにあるか,それを構成する人々にあるかというのが分かれ目になります.今回もそれと同じではないかと思います.

文法は,まる覚えすると苦痛ですが,こんな風にフツーに考えるとおもしろくなってきます.

私の友人はそういう意味では達人なので,こんな成果が生まれたのですね.
 分かる! 解ける! 英文法!
わかる英文法


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2009-05-03 19:03 | メールマガジン&英語

<< ご質問ありがとうございます 硬骨漢 >>