Waseda wins Hakone ekiden opener   

箱根駅伝2日目、早稲田は駒大に9区で逆転され、惜しくも
2位に終りましたが、完全復活に向け確かな1歩を刻んだと
見ていいでしょう。

最終結果を伝える英文記事はまだ見つからないので(本当)、
とりあえず、The Japan Times の1日目の記事を。
   ↓
 http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/sp20080103a1.htm

ここに、「〜年ぶり」という表現が同じパターンで2度出てきます。
まず1度目は早稲田の往路優勝について
 its first first-day title in the Tokyo-Hakone collegiate ekiden
road relay in 12 years.

2度目は、駒沢の総合優勝の可能性について
 a good chance of securing its first overall crown in three years

両方とも、全く同じ "first ... in 〜 years" という形ですね。
これで「〜年ぶりの ... 」が言えます。
「〜年ぶりの ... 」=「〜年間で初めての ... 」というわけです。

では次に、駅伝につきものの「タスキ」は英語で何と言うでしょう?
答えはもちろんこの記事に出ています。
 Komano, who took the sash in sixth place,

ということで、sash。
これは「アルミサッシ」というときの「窓枠」と同じ単語。
Googleで画像検索するとすぐ出てきます。

しかし今回は風がなく暑かったせいか、棄権が相次ぎましたね。
レースの模様は、こちらで。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080103-00000011-maip-spo
(参照記事 Yahoo ニュース)

[PR] スキー場情報 幼児英語 自動車保険

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
[PR]

by t-globe | 2008-01-03 18:37 | メールマガジン&英語

<< 記憶と関連付け やったぁ! ワセダ箱根の往路を制す >>