二転三転,勘違い   

これはすごい事故です!
  Fiery crash levels Calif. interchange
 (USA Today)

こちらもちょっと慌てて読んでしまいました.
まず「フェリーの衝突か」と思って読み始めると,冒頭は
 A gasoline tanker crashed and burst into flames

あれ,フェリーじゃないの? と見直すと "fiery",fire(火)の
派生語です(発音も『ファィァリー』)から,何かが衝突して炎上
したのです.

主役は gasoline tanker,しかしカリフォルニア州にある
オークランド・ベイ・ブリッジは何度か渡ったことがあります
が,タンカーがぶつかるような高さではありません.

変だなあと思いながらも,事故の描写の凄まじさに目が行きます.
 creating such intense heat that a stretch of highway melted
 and collapsed.

私には,intensive training(集中訓練)と言う時のような
intensive は身近でも,intense は自分の working vocabulary
ではありません.「高熱」を intense heat と言うのですね.
これはメモ.

とにかくあまりの熱さに,ベイ・ブリッジを渡り切ったあたりの
高速道路の立体交叉の部分が溶けて崩落してしまいました.

炎は200フィート,つまり60メートルもの高さまで燃え上がる
ほどでしたが,
 but the truck's driver walked away from the scene

え? 「トラックの運転手」がその場から逃れた(軽いやけど
はしたそうですが)...?
それも the truck's driver ですからここまでの部分に登場して
いるはず.

ということは,the truck = a gasoline tanker,つまり事故
を起こした tanker とは船ではなく「ガソリンタンクを
積んだ車」,つまりタンクローリーだったのでした.

これで意味が通ってすっきりした.めでたしめでたし
...のわけありませんね,こんな大事故で.

不謹慎な発言の口直しに,冒頭の level はいかにも「見出し」的
な表現ですね.
平らにする→ぺちゃんこにつぶす→「倒壊させる(destroy)」と
いう意味で使っています.

この記事は気に入りましたか?
人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2007-04-30 23:02 | メールマガジン&英語

<< Al-Jazeera(アル=ジ... Six Feet Under >>