effective or efficient?   

当ブログの名前 Effective English はメールマガジンの副題として付けたものですが,「使える英語」というイメージです.

effective と混同されがちな単語に efficient があります.英和辞典を引くと中心的な意味は
 effective 効力があって,有効で
 efficient 能率的な,効率のよい
ということになっています.何となくイメージの違いはわかるな,という気がしますが,この2つの違いを BBC Learning English(Ask about English)で調べてみました.

すると,どちらも work(機能する)という意味が基本ですが,effective ではそれによって "produces the results that were intended",つまり「結果を出す」というところにポイントがあります.
  These tablets really are effective. My headache's much better now.
 この薬はとても良く効きます.頭痛がずっと楽になりました.

一方 effecient の場合は "in a well-organised way, without wasting time or energy",要するに「ラクラク,省エネで」ということですね.
 This engine is really efficient, it can run for 30 km on only 1 litre of fuel.
 このエンジンは本当に燃費が良くて,リッター30キロは走ります.

私のメールマガジンは決して省エネではないので(むしろもっと効率を上げたいくらい),やはり Effectiveでよかったのかなと思います.

なお,このページには effect と affectの区別も出ていました.普通には effect = 名詞,affect = 動詞と覚えておけばいいようですね.
この記事は気に入りましたか?
人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2007-04-14 10:12 | メールマガジン&英語

<< お待たせしました!5月号 【連絡】新・BBCレポートと『... >>