止まらない猛「口撃」   

Chavez leads rally against Bush visit
(USA Today)

こんなに反目し合って,というより片方が一方的に嫌っている2国間関係というのも珍しいですね.
 Venezuelan President Hugo Chavez launched another verbal assault on President Bush.
(ベネズエラのウゴ・チャベス大統領はブッシュ米大統領への言論による攻撃を再開した.)

チャベス大統領の対ブッシュ非難は,今回のブッシュ大統領の中南米歴訪に合わせてさらにエスカレートしています.assault はそのままで,物理的な攻撃にも(それくらい強烈な)言葉による非難にも使います.ここでははっきりと verbal assault と書いていますが,週刊誌やタブロイドの記事なら verbal assault = 「口撃」がぴったりでしょう.

どれくらい凄まじいかと言うと,まず
 "Gringo go Home!"
白人野郎は帰れ!) 

ロングマンで gringo を見ると,"a very offensive word used in Latin America to refer to a foreigner, especially a white English-speaking person. "という説明の後に,
 Don't use this word.
とさすがに学習辞典らしいところを見せています.

 "The U.S. president today is a true political cadaver."
(アメリカの現大統領はまさに政治的死体だ)

この cadaver も初めて見ました.アクセントは「ダ」のところにあります.この言葉自体は dead body などというよりも格調高いのですが,こういう所で使うことはあまり想定されていませんね.さらに,

 "What the little gentleman from the north now exudes is the smell of political death and in a very short time he will be converted into cosmic dust and disappear from the stage."
(北からやって来るあの小男は,今や政治的な死臭をまき散らしている.もう間もなく宇宙の塵となって舞台から消え去るだろう)

と,相変わらずの言いたい放題.ブッシュ大統領の歴訪はブラジルから始まっていて,アルゼンチンも当然予定にあります.まるで先回りしてイメージダウンを図ったようなチャベス大統領の行動ですが,彼自身は「偶然だよ」と言っているとのこと.


この記事は気に入りましたか?
人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
 
[PR]

by t-globe | 2007-03-10 23:23 | メールマガジン&英語

<< NHK語学講座の謎 3倍太る夏休み >>