チョコレートは「目の毒」?   

「スニッカーズ」「マーズ」などを作っているマスターフーズ社が
このほど広告に関する大胆な方針変更を行ないました.
(Fox News)

それは,
 Masterfoods has decided to cease global marketing of candies
like Snickers and Mars bars to children younger than 12.

大人にも子どもにも人気の高いチョコレート菓子類については,12歳
未満を対象にする宣伝をやめる.それも世界的にです.日本でも売って
いますね(よく駅のKioskでスニッカーズを買います).

理由は
 over concerns about childhood obesity(肥満)

小児性肥満の原因になるという心配があるからというのです.同社の
声明を改めて引用します(内容としては最初の文と同じです).

 "We have decided to make an official policy change to a
cut-off age of 12 years for all our core products."

cut-off (cutoff と続けることが多い)は cut-off date(締め切り日)の
ように使われますが,このような「区切り」でもよく出てきます.

子どもに広告しないということは,例えばテレビならば日中にCM
を流さない,ということになるのでしょうか.

肥満と言えば必ず話題になるマクドナルドなども,いつか夜9時を
過ぎないとテレビに登場しないという日がくるのでしょうか?


人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2007-02-06 06:34 | メールマガジン&英語

<< 『リーダーの英語』オフ会に行っ... ホールインワン! 次の瞬間... >>