あめとむち   

North Korea talks end with no deal
(Reuters.com 2006/12/22)

結局,大した話もできないまま休会となってしまった6者間協議.
協議に出席した金桂寛外務次官が「全ての制裁解除が先決」の一点張りだったのは,金正日主席が軍隊に送るカラオケの荷造りに忙殺されて,協議に気が回らなかったから...かどうかは不明.次官は記者会見で次のように話しています.

"The U.S. is now jointly undertaking dialogue and pressure, carrots and sticks."
(米国は現在,対話と圧力を同時に使っている.あめとむちだ.)

19世紀ドイツ(プロイセン)のビスマルクの政策として知られる「あめ(飴)とむち(鞭)」を英語で言うと,carrot and stick.一方で馬の鼻先にニンジンをぶら下げながら,もう一方で叩いて走らせる,つまり
 the use of both reward and punishment to induce cooperation
 (褒美と罰の両方を使って協力を促すこと)

このままで
 carrot and stick approach
 carrot and stick policy
のように形容詞として使うこともできます.

人気ブログランキング参加中 ← ここをクリック!
[PR]

by t-globe | 2006-12-23 01:09 | メールマガジン&英語

<< クリスマスを前に これを英語で言うと(3) >>