Yahoo Shuffles Executives   

最近グーグルに押されっぱなしのヤフーが,幹部の入替えに踏み切りました.
Yahoo, Aiming for Agility, Shuffles Executives(New York Times)

私はポータルサイトがあまり好きではないので,検索もほとんどグーグル一筋.日本はヤフーで検索する人の方が多いという特別なマーケットであることも,1年ほど前に初めて知りました(日本はY:G=6:4,欧米では比率が軒並み反対のようです).

 The reorganization appears to signal the ascendancy of Susan L. Decker, the chief financial officer.
 (この異動はスーザン・デッカーCFO-最高財務責任者-が主導権を握ることを示しているようだ.)

彼女は証券会社出身で,
 known for her tight hold on Yahoo’s purse strings
 (ヤフーの「財布の紐をしっかり握っている」ことで知られる)
というしっかり者,というかバリバリのやり手なのでしょう.
それにしても,この言い方は日本語とそっくり同じですね.

この人事でローゼンウェイクCOO(最高執行責任者)がヤフーを去りますが,彼の部下の中にも,
 after run-ins with Yahoo’s management, especially Ms. Decker, over budgets.
 (ヤフーの経営陣,特にデッカー氏と予算に関して衝突したために)
思い通りに事業を展開できなかった人もいたようです.
この run-ins という言い方ですが,run-in(もめ事,口論)の複数形.
grown-up(大人)の複数形も grown-ups で,"s"は本来前置詞だった部分につきますね.ところが passer-by(通りがかりの人)の複数形は passers-by になります.この場合はすでに passer と名詞になっているからでしょう.

このすぐあとのパラグラフに,
 Despite its position as the leading Internet destination, Yahoo has suffered many setbacks in recent months.
 (インターネットの超人気サイトであるにも関わらず,最近のヤフーはこのところ数々の分野で「負け組」になってしまっている.)
と続けて,ヤフーが広告と検索ではグーグルに押され,SNS分野では「マイスペース」や「ユーチューブ」の買収合戦に敗れたこと,さらに相次ぐ退職と志気の低下,官僚的な組織への不満が高まっていると,わずか6行の中に問題が噴き出しています.

いずれCEO(最高経営責任者),さらに会長にもなるのではと言われるデッカー氏の手腕に,ヤフー復活がかかっています.
[PR]

by t-globe | 2006-12-07 01:24 | メールマガジン&英語

<< これでまた「コパカバーナの...」 『さよなら、サイレント・ネイビ... >>