伊吹文科相「小学校での英語必修化は時期尚早」発言   

メールマガジンでもちょっと予告しましたが,見直そうという考えは正しいと思います.これまで政府が進めてきた英語の小学校教科化にはとても不安がありました.

伊吹文科相の発言は,報道を見る限り「英語よりまず美しい日本語を習得するのが先」という点に絞られているようです.これももちろん大切ですが,「英語教育」という視点だけに立っても,「週1回程度英語に親しませる」という「教科化」は,もしかすると有害でさえあるかもしれません.

週1回歌やゲームを通じて40分程度英語に触れる時間を作り,終れば次までまた1週間のブランクです.「英語の早期教育」とはとても思えません.前任の文科相は「早い時期から音に慣れるのは良いことだ」と言っていたそうですが,かける時間が少なすぎます(かと言って,それ以上時間をかけることはできません).

よく「子どもの頃から始めれば」と言いますが,ネイティブの子どもは起きている間ずっと,親のもとで英語を学んでいます.それは私たちが日本語を覚えてきたのと同じことです.それと同じ効果を週1回の授業に求めるのは虫が良すぎます.

その週1回は「歌やゲーム」が中心になるそうですが,英語以前に「歌やゲーム」が嫌いな子がいたら,その子にとって英語の授業は苦痛です.それだけで「英語」が嫌いになってしまうこともあり得ます.また,教科である以上「成績」がつきますが,「あまりなじむことができない」といった評価をされてしまったら,その子は「自分は英語ができない」と思い,中学で本格的に英語を学び始める時に心理的にマイナスからスタートしなければなりません.このようなことがあると,小学校での英語教育はまさに有害です.

本当に国民の英語力を高めようとするならば,安易に「早く」「ネイティブと触れて」「親しみやすい方法で」という方法論に飛びつく前に,「何をどう学ぶか」「誰が教えるのか・教えられるのか(ネイティブに話させていれば良いのか)」という最初のところからしっかりと再検討する必要があると思います.


なお,鳥飼久美子さんの『危うし!小学校英語』(文春新書)には共感するところがとてもたくさんありました.この書き込みにも,それと重なるところがかなりあります.

人気blogランキングに参加しました! ← ここをクリック
[PR]

by t-globe | 2006-09-28 23:35 | メールマガジン&英語

<< No sympathy ベネズエラ大統領の功績 >>