"mine" "yours"   

Russian gold mine fire kills 21
 「ロシアの金鉱火災で死者21名」(BBC News)

この記事はロシアの金鉱(gold mine)での火災を伝えていますが,
今日はこの記事とは関係ありません.

私は職業柄,"mine"と見ると
 "Mine!"(「買った!」) "Yours!"(「売った!」)
を連想してしまいます.

もう何年も前に,私のいた為替ディーリングルームであった嘘のような
本当の話.

あるアシスタントがロイターのディーリングシステムを使って
どこかの銀行にレートを求めていました.
 "Spot Yen Pls"(ドル/円のレートをください:pls=please)
 "50 53"(50銭で買い,53銭で売り:通常〜円は省略します)
 "one yours"(100万ドル売ります:例えば117.50で決めた.
        慣習としてone=百万単位でやりとりします.)

...と,当行が100万ドル売ったはずでした.
しかし次の瞬間そのアシスタントが
「こいつ,バカじゃないの? 逆にコンファームしてるよ!」

ディーリングシステムの画面を見ると確かに先方は
 "To cfm(確認します:cfm=confirm)
  We sell USD 1 mio at 117.53(当方は100万ドル117.53で売り:mio=million)"

と書いています.訂正してもらおうと思って,もう少し上を見ると
何と,こちらのメッセージが
 "one ours"
と,最初の "Y"が抜けていました.

「でもさあ,ふつう買う時は "Mine"で,"Ours"なんて言わないよね」
「わかりました.そう言ってみます」
と,アシスタントはキーボードをカタカタ.
 "Sry to confuse you, (混乱させてすみません:sry=sorry)
  but we meant 'Yours', not 'Ours'.
  Is it popular to say 'Ours' in trading?"

しかし先方の答えは無情にも
 "Yes, 'ours' is very popular. I thought you bought."

これで勝負はついてしまったのでした.
我々が他の銀行を呼んで,すぐに200万ドル売ったのは言うまでも
ありません.
[PR]

by t-globe | 2006-09-10 10:45 | メールマガジン&英語

<< 「世界で最も美人の多い国」 Size Doesn'... >>