Spacewalkと言えばカッコいいけれど   

"Discovery pair complete spacewalk" (CBBC Newsround: Sci/Tech)
 
打ち上げの時に断熱材がはがれて心配されたスペースシャトル
「ディスカバリー」は,今も無事飛行中です.

先日2人の乗組員が船外活動,つまり宇宙遊泳(spacewalk)を
して,シャトルの修理を行ないました.イギリス出身のピアーズ・
セラーズ飛行士にとっては2度目の経験です.

Piers, who did a previous spacewalk in 2002, said he felt like
"a bug on the end of a fishing rod".

「釣りざおの先のエサ」みたい?
さすがイギリス人,地味な感想ですね.
もう少し,聞く者の心が踊るようなコメントがほしかった.

ところで,このCBBCというサイト,Time for Kidsと同様の
子ども向けサイトで,こちらもなかなか充実していますよ. 
[PR]

by t-globe | 2006-07-15 07:11 | メールマガジン&英語

<< ラクダに乗って首相はご機嫌 祝!bikiniはついに年金生活? >>