Google・AOL連合   

今日のメールマガジンで採り上げた記事は面白かった.
 Time Warner to Sell 5% AOL Stake to Google for $1 Billion
  (New York Times)

グーグルがAOLに出資することで最大かつ強力な広告検索
が可能になる見通しだが,AOLがそれを決定した日の様子
が書かれている.

15日の木曜日,ニューヨークにあるタイム・ワーナー社のビル.
グーグルとマイクロソフトの代表が別々の会議室に通され,

executives from the media company walked back and forth
 between them.
  (タイム・ワーナーの幹部が両方の部屋の間を行ったり来たり)

同じ時,本社と同じタイム・ワーナー・センターにあるホテルでは

 Time Warner was holding its corporate Christmas party.
  (タイム・ワーナーは会社のクリスマスパーティーの最中だった)

そして午後9時,タイム・ワーナーのパーソンズCEOがパーティー
会場を後にし,本社の会議室とは別の場所で交渉を続けていた
グーグルのシュミットCEOに受諾を伝えた.
マイクロソフトのバルマーCEOに結果が伝えられたのは,翌朝
になってからのことだという.

これを見ると,会議室に呼ばれた人たちは完全に当て馬?
ということで,タイム・ワーナーはその日すでにグーグルと最終
の詰めにはいっていたことになる.

いずれにしても,これで苦戦の続くAOLも復活するのだろうか.
NYでAOLに入って,メールソフトから初めてあの
 "You've got a mail."
の声を聞いた時に思わず笑ってしまったことを思い出す.
[PR]

by t-globe | 2005-12-18 18:33 | メールマガジン&英語

<< 「まぐまぐ」殿堂入り phone book >>