avian flu   

avian flu = 鳥インフルエンザ

さすがに「英辞郎」には載っているが,
「一般的には bird flue が用いられることが多い」
と書いてある.
「わかった.じゃ,簡単だし bird flu で行こう」
ちょっと待って.ちょっと寄り道.

たしかに,Google では3900万対940万で,圧倒的に
bird flu の勝ち.
しかし少し前の podcasting "Newsweek online"
でも avian flu を使っていた.言葉の流行りはどんどん
変わるので,google 検索結果を時期で区切ると,もしか
したら最近は avian が増える傾向,ということがあるか
もしれない.(これはあくまで根拠のない推測.そこまで
調べるエネルギーはありません...)

ところで avian は Merriam Webster によれば
"of, relating to, or derived from birds"
で, aviation(航空,飛行,航空術 など)と同じラテン語
の語源 avis(鳥) を持つ.

学生の時にまぎらわしかったのは, "navigation" も
「航空・飛行」という意味を持っていたこと.
こちらの語源はやはりラテン語だが navis(船).
頭に "n" がつくだけの違いは大きく,navigation は
本来「航海,航海術」だった.しかし後になって気球や
飛行船,飛行機にまで流用されるようになった.また
カーナビの「ナビ」は navigation system.つまり
navigation は陸海空を制覇しているわけだ.

一方 avis はどうか.わずかにレンタカーのAvis が
地上に足がかりを残しているように見える(本当にこれ
は「空を飛ぶように快適なドライブ」からくる名前なの
だろうか)が,それ以外に鳥は地上に降りるのを許され
なかったようだ.

どうですか?
ちょっと寄り道も面白いでしょう?Bird Flu ではいか
にも「まんま」だし.
さて,寄り道してしゃべりすぎたのでのどが渇いた.
ちょっとエビアンでひと息いれましょう.

あ,これは Evian ですよ.念のため.
[PR]

by t-globe | 2005-11-03 13:48 | メールマガジン&英語

<< 業務連絡 reshuffle >>