ナポレオンのベッド   

愛知博はいろんなものが記憶に残ったが,中でも印象的だったのは
スイス館にあった,ナポレオンの野営用ベッド.
それは彼が遠征中実際に使っていたもので,1メートル50センチ程度
しかないように見えた,小さくて本当に粗末なもの.飾りなど何もついて
いない.彼がセントヘレナ島で最期を迎えた時もそこに横たわっていた
と聞いて,皇帝の哀れな姿を思った.
死後なぜかスイスに運ばれて保管されたという.

それも含め,スイス館はよくできていた.中に入ると小さな携帯端末を
渡される.軍隊で使ったものを改造したものというが,上にある半球状
のキャップを開けると電球が出てくる.

館内に十数カ所ある展示は,メインテーマ「山」のもとに歴史,科学,
スポーツなどのサブテーマをそれぞれが持ち,展示物(例えばナポ
レオンのベッド)とスクリーンがセットになっている.それぞれの場所に
小さな丸い光センサーがあり,それに携帯端末の光を当てると,端末
から解説を聞くことができる.

地球博では世界のいろいろな国や地域の姿を知りたいと思って
いたが,その意味でスイス館はとても充実していたと思う.
[PR]

by t-globe | 2005-08-15 23:48 | Entertainment

<< hoax(悪ふざけ,でっちあげ) 帰宅(「大地の塔」コメント) >>