人類最良の友?   

私は犬を飼ったことがない.
小学生の頃鳩を飼っていたくらいで,動物とはあまり縁のない
生活を続けてきた.

今日発行するメールマガジンで犬のことを書きながら調べて
いるうちに,あきれてしまった.

人間とは身勝手なものだ.

犬は「人類最良の友」と言われる.
これがもともと英語の表現かどうか知らないが,イギリス人の
犬好きは有名だ.しかし犬を使った英語の表現は,ほとんど
マイナスイメージしかない.一方で「最良の友」などともちあ
げておいて,悪いことの例えに使う.

本当に人間とは身勝手なものだ.

例えばどんなものがあるかというと,まずメールマガジンで
紹介したように, dog そのものを「質の悪いもの,売れ残り」
として使う.
 It's a real dog. (全くの駄作だ.)

他には,
 Without a job, it's a dog's life. (仕事がないと惨めな暮らしだ.)
 His proposal smells like dog's breath.
  (彼の提案は良くなさそうだ.)
 He is as sick as a dog.(彼はひどく体調が悪い.)
  = He is sicker than a dog. とも言う.

最後の as sick as a dog などは,同じ意味で
 as sick as a parrot
という言い方もあり,言われなくオウムと一緒にされている.
犬にもプライドがある
オウムにもプライドがある.

相手のプライドを傷つけるものは友を持つ資格はない.
(オウムを友とする人はかなり少数派だが.)

本当に人間とは身勝手なものだ.
 
[PR]

by t-globe | 2005-08-01 05:54 | メールマガジン&英語

<< お父さんの気概 centerpiece >>