言えないことは実は聴けていない   

トークるズ イングリッシュクラブ 計画の立て方の基本にTB

英語の学び方のヒントを探すのなら,このサイトはおすすめ.
次から次とアイデアを示してくれるので貴重だ.
大事なのは,その中から自分に合うものを選ぶこと.
あれもこれも,とか,何にでもとびつく,というのでは逆に続かない.

例えば「計画」はたしかに大切で,費用(かけた時間)対効果では
ベストであることが多い.特に,時間はかけているのにどうも効果が
上がらない,と言う人は一度きちんとプランを作る意味がある.
やっているようで実は進んでいないことはよくあるからだ.

ただ,計画通りに進めるよりもとにかく楽しく英語に触れる方が
適した段階の人もいる.できるだけ制約や決めごとが少ない方
が継続しやすいのも事実.ある程度親しめるようになってからでも,
計画を立てるのは遅くない.

それで,本題.ここから先もその意味であくまで「アドバイスの一つ」
にすぎないが,実感しているのは,リスニングは口を動かすステップを
入れないと効果半減,ということ.

最近ずっとリスニングにiPodを使って(これで初めて定着した!)
いる.何度もリピートして聴いて,どうしてもわからなかったら
テキストを見るようにすると,聴けなかったところは強く印象に残る.
それからまた繰り返し聴けばもうその内容は大丈夫...は甘い.

難易度にもよるが,これはわかった「つもり」のワナのことが多い.
定着させるためには,口に出すことが必要.これは2つのパターン
がある.1つは全部理解してから,音声と同時に,または少しずら
して言ってみること.これは記憶を定着させる効果が大きい.

もう1つは,いくつか聴けないところがある段階で,わかるところを
一緒について発音する.これをやってみると,ただ聴いているより
もクリアーに認識できることがきっとわかる.集中しているためか,
細かいことに気付くようになり,その結果聴き取れない部分の
ヒントも見つかりやすい.

口に出すことによって,アクティブな記憶が残り,忘れにくくなる
ので,ぜひお試しを...あ,誰にでも言ってるわけじゃないですよ.
選んでくださいね.
[PR]

by t-globe | 2005-07-01 18:32 | メールマガジン&英語

<< (追加)BBC "L... walk the plank >>