class action (集団訴訟)   

Wall Street Journal のメール配信サービスで

 シティグループがエンロン事件の集団訴訟で20億ドル支払い合意

というニュースが飛び込んできた.

この「集団訴訟」が class action.
個人対企業で個人が勝つのはなかなかむずかしい.そこで
同じ立場の個人が消費者保護団体になって、企業などを
相手に訴訟を起こすこと.

とても簡単な英語だが,知らなければ意味をとるのは不可能な
ものの一つ.この class を
 a group, set, or kind sharing common attributes
と定義する英英辞典の説明はわかりやすい.

誰かに対して集団訴訟を起こす,と言う時は
 bring a class action against...
と,bring を使うようだ.

最近ではアップルが ,iPod の特定の機種のバッテリーの連続
駆動時間が不十分だと訴えられ,1人50ドルのクーポンで
和解したばかり.もっと前にはマクドナルドが肥満の原因になった
と訴えられたこともあった.

今回の和解金20億ドルといえば2000億円以上.シティグループ
は全額を訴訟準備金(引当金)でまかなうとのこと.
日本の大企業はこんな額をポンと払えるほど,訴訟による
支出の引き当てをしているのだろうか.
[PR]

by t-globe | 2005-06-10 21:51 | メールマガジン&英語

<< アメリカ人はコミュニケーション... ヘッジファンド破綻を救った年金基金 >>