「バブルの三文字」   

最初に今日発行のメールマガジン(No.308)の訂正.
【TEXT of the day】の文章1行目の終わりに「竹島問題」
と書いてしまった.
大変失礼しました.今朝会社に行く電車の中ではっと気が
ついた時は後の祭り.これはもちろん日韓の問題で,ここに
書くべきだった日中間の懸案は,「尖閣諸島」問題.

そんな悔いをかみしめながら着いた会社で日経金融
新聞を読むと,「ポジション」というコラムの書き出しは次の
ようだった.

 「資産価格バブルと金融政策」---14日に公表した4月の
 ECB月報の特集記事はバブルの三文字を正面から扱った.

この「バブルの三文字」だが,ECBは欧州中央銀行.その
月報は日本語ではないので,「三文字」はおかしいはず.

かりに上の記事が翻訳だったら,「三文字」で良いと思う.
別宮貞徳氏の本を読んでいると,翻訳はある言語を別の
言語で表現するので,英語のシャレや言葉遊びも意味を
汲んだ日本語に直さなければならない,と何度も書いて
いる.苦し紛れにカッコ書きで原文を見せたりは決して
できない,というのが別宮氏の気概だ.

しかし今回の場合,読者は「ECB月報」が英語かドイツ語
で書いてあるというイメージを持っている.ビジュアルな
表現を狙った記者のイメージ戦略は,とんだミスマッチで
あったわけだ.

最後に,ここで引用されている特集の原題は
 "Asset price bubbles and monetary policy".

”speech bubble” というとマンガの「吹き出し」で,
中に台詞が書いてあるいろんな形の枠のこと.
特に台詞が「つぶやき」のような場合には,それを言う
人物と台詞の間が小さなシャボン玉のような丸で
つながっていて,たしかに bubble の感じがする.
[PR]

by t-globe | 2005-04-18 23:49 | メールマガジン&英語

<< White smoke has... Tipping Point >>