at the end of the day   

これで「結局」とか「要するに」という意味になる.

日産の再生は経営手腕のたまもの,と飽きるほど言われた
カルロス・ゴーン社長のちょっと謙遜した言葉.

At the end of the day, it will be the cars that matter.
 (結局のところ,大切なのは車なのです.)

大学1年で英語会に入ったばかりの頃,ほとんど達人の域に
達していたOBに「このサークルが好きですか?」
と(英語で)聞かれて
 "From the bottom of my heart!"
と中学時代に習ったイディオムをこの時とばかりに使うと,
 「そういう大げさな言い方はあまりしません.
  "I honestly like it."  くらいで十分」
と直され,そういうものかと思ったのを思い出した.

at the end of the day もそういう意味では少し長く,
普通は after all とか,all told と言えばいいのだろうが,
書き言葉や公のスピーチなどではちょっと使ってみたい.
[PR]

by t-globe | 2005-01-27 00:18 | メールマガジン&英語

<< チャールズ英皇太子の再婚 IC電話廃止 >>