2周年   

私のメールマガジン「海外ニュースの『斬れる』英語」が昨11日で
刊行2周年となったので,一人で感慨にふけっている.

2年間で255号発行したので,平均して週に2回以上.紹介ページ
に登録した「週3回程度」はかろうじて守ったことになる.これが自分
としては最もうれしいところだ.

もともと英語の言い回しに興味があり,ネットで読んだ中の文章を
コピーして保存したりしていたが,その後のフォローを何もしないで
いた.何とか形にすることと,ある程度継続的にすることを目的に
思いついたのがメルマガの発行だったので,自分のためという意味
が本来大きい.

しかし急造りの紹介ページのどこが受けたのか,幸い最初から多く
の方が読んで下さった.1ヵ月で読者数が1000人を超えてしまう
と,いかに自分のためとはいえいい加減なことはできないという気持
ちになった.それが続けられた最大の原因だと思う.

時々読者の方からご質問をいただき,自分の調べ方が甘いと気付
かされることが多い.そうした中で気付くのが,海外で読んで下さっ
ている方が(メールを下さる方の中では)比較的多く,そうした方が
実際に使えた,役に立っている.と言って下さることだ.

数行の説明やコメントは別として,使っている英語は私の作文では
なく,実際にニュースメディアまたは海外サイトに登場したものを
選んでいるので.現地生活で使えるというのは納得で,とても嬉しい
コメントだった.

最初のうちはレイアウトを変えたり,内容も少しずつ変えて行ったり
していたが,この1年は同じスタイルで通した.よく言えばスタイルの
定着だが,進歩がなかったのも事実.読者の負担と自分の能力の
どちらから見ても,量を増やすことは考えていないので,限られた
空間をどこまで濃くして行けるかと思案中.

題材は無限にあるので,体力のある間は続けるつもりで,また新しい
1年が始まる.ご興味があれば,このページ左のリンクからどうぞ.
[PR]

by t-globe | 2004-12-12 02:05 | メールマガジン&英語

<< 現代用語の基礎知識2005 ITギャンブラーの勝利 >>