「復活当選」やめませんか?   

民主党の岡田代表が,衆議院議員の研修会で,
 「2回連続の復活当選は負け犬の烙印を押されてしまう」
と話したそうだ.Asahi.comの記事によれば,同党の当選1回の衆院議員
60人のうち36人が復活当選とのこと.これでは次の選挙での議席増が
おぼつかないという危機感からの発言だろう.

そもそも復活当選という制度は潔くない.選挙区で出ることを選んで,
それで落選したら素直に次を目指すべきで,仮に復活を許すにしても,
政党は掛け持ち組を比例区だけの候補者よりも後ろに置くべきだと思う.
そうすれば,もっと多くの人が国会の場で有権者の目にさらされ,機会を
与えられると共に実際に試されることになる.

岡田代表は,2回連続で小選挙区で落選した現職の比例順位を下げると
いう案を検討したことがあるそうだ.他の党では聞いたことのない話で,
その意味では評価していいが,それでもちょっと甘いのでは?
[PR]

by t-globe | 2004-11-29 23:16 | その他

<< サメから人を救ったイルカ(NZ) 言葉は生き物 >>